2015年 11月 30日
余命一ヶ月(13)
通夜式のことば


菩提寺様と式場の都合によりお通夜が10月7日午後6時
葬儀式が10月8日 出館午後1時と決まる。
10月4日
葬儀屋からエンバーミングの話が寄せられた。
それまでは、妻は妻らしい素顔が良いか?と思っていたが
黄疸のせいか幾分顔の肌が黒ずんでいたので、エンバーミングを依頼する。
沐浴際に葬儀屋さんから「仏の手を拭いてあげる時、一声かけてください」の言葉があった。
無言の妻に「母さんご苦労様、痛みを堪えての療養頑張ったね」の言葉しか出なかった。
娘の言葉掛け、ご兄弟の言葉掛けは薄々聞こえるが、自身の胸中で堪えきれない悲しみが覆っていた。
次から次へと葬儀屋の指示・確認事で5日・6日はあっと言う間に通夜を迎えた。
通夜式喪主の挨拶
 本日は何かとご多用の所、妻 石﨑美知子の通夜にご参会、ご焼香頂きありがとうございました。
病気療養中におきましては、多くの方々から励ましの言葉や、お見舞いを頂きました事、此の席を借りまして厚く御礼を申し上げます。
又、皆様方より過分な心ずかいに深くお礼を申し上げます。
今ほどは、菩提寺、善性寺様からは念ごろなる読経と、講話を頂きましてありがとうございました。
妻、美知子は結婚以来46年間、二人三脚で石﨑剣山製作所の稼業に専念してくれました。
 仕事が立て込むと、仕上げを手伝い、請求書の作成手伝いと、何時が終わりでなく、終わるまでが仕事として頑張ってくれました。
病に伏せるまで、社員同様に出社し、帰宅は30分おろか1時間遅く帰る日々でした。
特段の趣味も持たず、楽しみは三条信用金庫本店様の旅行と、ハサミ団地の主管で行われていた「いけばな」を楽しみとしておりました。
病状につきましては、8月24日、いとうクリニックに診察いただき、即三条病院を紹介頂き、25日担当医、河内先生の診察を受け、結論は「なんでこんなになるまでほっといていた」の言葉に全身に冷たいものが走りました。
27日内視鏡による治療を試みたが、患部が進行しており、針も刺さらずの状況であり、先生の言葉「患者さんを預かり、3日目で医療機関のドクターとして慚愧でありますが・・・余命一ヶ月と判断いたします」と話されました。
病名 胆管細胞癌と食道静脈癌と診断下されました。
以来、先生はじめ、看護婦皆様の手厚い治療・看護に答えられず10月3日
午後4時51分、コスモスの花に誘われ、永久の眠りにつきました。

最後にビデオと式場入口の思い出の写真が有りますが、2~3分で妻の思い出は終わりますが、私たちの夫婦の間に娘が一人おります。四十数年の生きた証が此処にある事を噛みしめ、生前家内に頂きましたご厚情に感謝申し上げ挨拶と致します。
後日、集計したら273名の人々が来場して頂いた。
自分自身、妻へ最後の約束を果たしたと感無量の日であった。
皆さん本当にありがとうございました。




師走も近づき、忘年会、クリスマスパーティー、お正月の場にお花を添えてみてはいかがでしょうか?
小さな剣山でも一つあるだけで、花を凛といけられるはずです。
ぜひ、お買い求めください。
[PR]

by ishizaki-kenzan | 2015-11-30 11:38


<< 余命一ヶ月 (14)     ...      余命一ヶ月 (12) >>