2017年 11月 14日
肝に銘じる

此の時期には珍しく穏やかな晩秋日和

今年の78月頃から、或る人から改良品で優れもの商品が誕生する話を伺っていた。

彼も開発の一人として加わっており、改良品の根本に関わっていたので、当社も

取扱店として紹介願っていた。

数か月前に、営業の栗山がお会いしていたが、春商品商材であり準備に入ろうとしている段階に来ていたが・・・先方から、午後から打ち合わせたいと連絡いただき訪問した。

当社の剣山製品と違い、ロット数が大きく取引先を紹介されたが、何処の企業も名の高い企業、中には当社ともお付き合いの企業も挙げられていた。

お相手される部長も若く、時代に合った商品戦略・マーケテングも心得られていた。

商品が当社に入荷する日は来年2月上旬か?いずれにしても剣山一本では弱い

柱は2~3本欲しいもの・・・だがメーカーはメーカー自社商品が強いものであることは言うまでもない。

時に、時代の流れに乗りつつ、本業の足固め忘れてはならないと肝に銘じる。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-11-14 09:08


<< あの手・この手、悩みが成長の元      あっと言う間の一週間 >>