2018年 01月 24日
東京の雪・越後の雪

数年ぶりの寒波に見舞われた日本列島、東京の降雪状況がテレビニュースの頭に報じられている。

雪国から見れば、たかが10センチ程度と少々見下げた感で画面を見ていたが

私にも東京に弟が在住している。

お見舞い方々電話を入れた。

「テレビで報じられているが、自分の地域(目黒区)はどうか?」と言えば

「東京人は雪の支度が無いから・・・自分は雪国育ち、心配するなよ」の返事。

当社も23日・24日と横浜で見本市に出展、営業担当の栗山も「雪で交通関連がどうなるか?」の心配しながらの出張・・・

当地も23日から強烈な風と霰の荒れ模様で、スパークメッセ反省会の足元が気になるところ。

反省会は時間通りに進められる。

事務局から一連の報告を聞く。項目の頭・尻尾に「降雪のため」が付きまとう。

来客数・成約高・初めての企画「商品セミナー開催」も思うに任せずの開催反省。

久振りの席、此処も見渡せば若返りが見受けられる。

話が進むにつれて、「数年前はどうでしたか?」の問いに「○○はこの様な考えから、××はこんな風に考え」と一昔の話題に花が咲く。

今後は「三条市の力を借り小規模事業所育成に目を向けて頂くように要望しょうよ」と結ぶ私。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2018-01-24 10:12


<< 招かざる客      春陽と友人の回復の声 >>