2018年 02月 08日
想い出させる38豪雪

先週の2日・3日のお天気に気を良くして(降雪なく晴天)今年の雪もこれくらいか?と思い込んでいたら「ラニーニョ現象」とかで、6日から現在まで(7日AM

945分現)雪が降り続いている。

会社の駐車場スペースを活用しての除雪・・・もう限界にきている。

雪の話題になると、私を含め初老が語る「38豪雪」の想い出。

現在と比較にならぬ除雪力、市役所であっても、民間であっても、人界戦術しかなかった時代。

電信柱の電線を括り抜けての往来。商店街のお店は、45軒先に自社の看板を出して誘導等・・・。そんな中に河野一郎大臣が東三条駅に降り、目の前の降雪を見ながら「タクシーを頼む」の依頼に「そんな大臣を雪の中に棄ってしまえ」とヤジが飛んだと耳にした。

一方、田中角栄氏は雪国育ちで一目了解の基で「雪害対策として自衛隊を派遣」と即決に下された・・・等の思い出が口走る。

一月も雪に阻まれ業績が上がらずの月になった。

東京でも再三に渡り雪が舞う、連れて気温も56度と低温であれば、買い物客もまばらであろう推測する。

一日も早く春が待ちどうしいと切望する昨今。

今日7日は3時で退社通告を出した。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2018-02-08 15:39


<< 春よ来い、早く来い      遅まきながらの新年会 >>