2018年 05月 02日
導祖神会総会

桜の花も散り気が付けば新緑の候、街路字のケヤキの新芽が朝日をいっぱい受けて清々しい出勤時。

昨日から一ヶ月ぶりに現場に復帰してくれた。

怪我の状況から「無理な事はせず、声を掛ければ手伝うよ」と声を掛けたが「何とかできます」と、心強い返事が返る。

連休明けの事もあり、1日何かと気忙しい日々になったが、一人現場に入るだけでも私の仕事作業にも少々の余裕的感覚で一日を過ごした。

51日は恒例により、導祖神会の総会日である。

今年、23歳の新入会員が一名承認された。大学卒業後「ふるさと三条が好きで戻って来た」とはつらつとした挨拶に感動を覚える。

22名の会員で今年も御奉仕さして頂く。

①新会員承認の件

②休息所の変更の件

③裏館小学校からの「三条祭り天狗さんについて」勉強会参加の件

90周年記念事業の件等の議題を説明して、懇親会に入る。

会長として会員に言い渡す。

90周年事業に関して、上層部で検討してあり詳細については、15日直会の席で発表致します。6日からの練習期間は、15日の導祖を念頭に置いて練習に専念し、記念事業の質問は一切受け付けない」旨を伝える。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2018-05-02 09:14


<< 気忙しい日々に・・・      新商品アピール前倒し >>