2018年 08月 21日
老人の疲れは2・3日後

猛暑続きのこの夏、前から気になっていた駐車場のライン。

会社でのラインは、2月の大雪に何回か除雪した為、薄れている。

旧会社の駐車場も、消雪パイプ地下水の鉄分の影響で、白線が鉄錆び色に変わり

気になっていた。

18日社員(女性二名)連れだって、ライン引きを行った。

当初、一人で作業を考えていたが「社長一人は無理です」と注語に耳を傾けお手伝いを頼み実行に入る。

先ずは、ライン幅上を掃き、養生用テープを貼り、パーキングラインペンキを塗る。塗る作業は私が進んで作業をしたが、中腰がきつく、草取り時に活用した台車を使用しての作業。天候も良く、旧会社ライン引きが終わるころには、乾燥も良く養生用テープも剥がし、会社に戻りライン引き作業開始。

何とか4時近くに終わりやれやれの一日であった。

翌日、会社花壇の散水もあり、朝7時近くに到着し、昨日のライン引きテープを

外したが、一本塗らずに残っていた箇所があった。

社員の駐車状況が斜めであり、車がでたら塗る考えが終わりを急いでひかずじまいであった。

取り出して急ぐ事もないと、線を引くこともおっくになり次回にと手を付けず・・・。

今日、月曜日、社員が出社してどのように感じた物か?(私のラインが無い)

やはり何処か希薄になって来ているものか?と考える。

所で、今日になって体の足腰が何時もの様でない・・・ライン引きの疲れが現われた物と思う今日である。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2018-08-21 10:55


<< 親公子になるか「かるのびホース」      期待したい二点 >>