2018年 08月 29日
実るかDIYショーの商談会

昨日来から雨が降りだし、猛暑も一段落の日和になった。

雨と共に花壇には、雑草が芽生えてくる。

扨て、23日からのDIYショーに数年ぶりに出展した。

以前は若さもあり、一人で頑張ってみたこともあるが、75歳になると少々体力と気力が薄らぐとともに、若いバイヤーさんとの会話も気が引ける昨今である。

営業の栗山に任せながらも、私も25日駆けつけた。

最終日でもあるが、客足も絶えず盛況に見受けられた。

私も老体にムチを打ち、口角に泡を付けながら、製品の説明に没頭する。

お蔭様で、本命の「かるのびホース」引き合に数社の声を頂いた。

従来、散水ホースはブルーが主役であるが、家族に頼まれての散水は、いやいやながらの気持ちであるが、ピンクのホース色は、心に高揚感を与え「楽しい」「楽しむ」の心に変化するのです。

其処にプラスすれば、女性群も愛車を洗車する時代になりました。

可愛い色合いの「ピンクのホース」で、愛車を大切に・・・。

「ピンクのホース」は、業界初めての誕生品、一際話題に乗ったものか?

気が付くと、出勤・退社時に田んぼ道を走ると、実り豊かな稲穂が、頭を垂らし風に吹かれて波を打つ風景の越後平野にも稲刈りが始まった。

稲穂の実りと共に「かるのびホース」も実りが欲しいものである。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2018-08-29 13:02


<< 物作りの町・三条人として      40.4度の猛暑 >>