2018年 10月 15日
体調の変化・気持ちの変化

ご無沙汰しておりました。

75歳の年を迎えると体調の変化も、月ごとに変化を増してきました。

9月の初めころから、歯の痛みを感じ9月29日に抜歯、左右の奥歯が無くなりブリッジ型入れ歯対応になった。

入れ歯対応して日も浅いのであろうが、舌にブリッジが触れており、夕刻になると口中が重く感じ、入れ歯を外したくなるが馴れなければと言い聞かせる日々。

9月30日三条導祖神昭三同意会90周年記念事業を執り行った。

祭り関係者と、祭り時お世話になる料亭の女将二名と会員22名の席である。

当日は、台風25号が日本海を進み、県内も暴風に見舞われる予報が朝のニュースに報じられていた。

式典は、午後3時からであり、来客者には「大変迷惑な日を選んだもの」と御叱り受ける事になろうか?と朝から落ち着かない。

来賓控室に迎えながら「雨男です、直前会長からバトンを受けての祭り2回は、雨を気にせずでしたが、後の4回は出発前、祭り途中の中止等で、雨男で今日も雨模様の様子」と挨拶言葉になった。

会員一同の協力により、記念式・祝賀会も大過なく終わることが出来た。

某氏と芸子二名を連れ出し、三次会と騒いだ・・・翌日は前夜の三次会は全く記憶に無い。

支払いが終わっていないことは分かっていたので、翌日、店に行き「昨日はありがとう」と言いながらママに声掛けたら「昨日の事覚えている」と問われたが「店に4名で来たことは分かるが、会話の内容は全くに記憶ない」と言うと「芸子の着物に水割りを溢したこと覚えていない?」と問われる。

自分の記憶でそのような、人様に迷惑を掛ける事は今まで無であった。

此れも年齢が伴ったものか?と反省しながら・・・気が付くと喉の違和感と声帯が潰れていた。年甲斐の無い遊びに罰が当たったものか。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2018-10-15 15:45


<< ものつくりメッセ2018      難題山積 >>