2018年 10月 23日
ものつくりメッセ2018

朝晩はめっきり涼しさを通り越し寒い昨今。

地元、三条で今話題は「市長選」でなかろうか?

八十台の老人が、現市長の市政に異議を盾に、挑戦状を振り上げたが結果として上げた拳を自分で降ろした姿は、市民の目には茶番劇にしか映らない。

家族も、親戚もやれやれの気持ちであろう。

さて、24()から始まる「燕三条ものづくりメッセ2018」に当社も出展いたします。

たかが剣山されど剣山・・・剣山を製造にどれだけの設備投資・高度な技術を要していないが、日本文化の「いけばな」に欠かせない商品である。

昨今、建物の構造・若い人の考え等を考えると厳しい産業であるが、私を初め従業員の生活、剣山を取り扱う商社等の供給義務等を考えると、出展し認知していただく努力をしなければと考え出展いたします。

商品の具体的説明と、当社のみが作り出した提案商品等をアピール致します。

お時間が有りましたら、01-011小間まで足を運んでください。

きっとあなたに、感動を与えるものが一つ有ります。

お楽しみに、お出かけ下さい。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2018-10-23 16:06


<< 見本市に追われた10月      体調の変化・気持ちの変化 >>