2018年 10月 31日
見本市に追われた10月

10月もあっと言う間に過ぎ去ろうとしている。

3日・4日はトレードショウ・24~26日は三条で開催の

「ものづくりメッセ」と日にち同じくにして、水戸市で某会社の展示会に初参加と展示会に追われた10月。

私の持ち場は「ものづくりメッセ」であり、試作提案品に来客から

「剣山もこんな使いようがあったのか」?と目を引いていた。

少々評価も良く、これを製品化にするに一工夫が必要である。

相変わらず「いけばなスピーカー」は来客の目・耳を奪っているが、

単価が高く「取り扱いましょう」の掛け声は今回もゼロの成績。

関心を持った若い女性は「此の商品は都会型・田舎では無理・・・東京にアピールしなさい」と励まされる。

何かの切掛け・何かの出会い・販売方法の考案が必要で、売れる仕組みが必要か?

水戸の展示会は初めての参加であり、名前を売りながらであるが、出展者どうしで情報交換と商談が数社あったと報告。

昨日・今日と名刺整理と見積提出に追われていたら10月も後1日になっていた。

*不要になった剣山、捨てるに困っている人・・・当社では不要になった剣山を買い取り致します。お気軽に一報下さい*


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2018-10-31 13:03


<< 俺と娘は親子である      ものつくりメッセ2018 >>