2018年 11月 16日
時の流

季節の変わり目は何かと体調を崩すものか?

昨日は八日会の担当幹事で11名に案内を出したが、6名の出席での会合、

2名が体調悪さに欠席された。他の人は先に予定が有りとの事。

話題は「年金」と「余暇の過ごし方」の談義が盛り上がり、近々亡くなられた人の思い出が語られる会合であった。

亡くなられた人の中に、町を代表される企業主、三条市に10億円寄付をされた人物の話に暫し箸が止まる。

23回の挫折を乗り越え、近郷での競争を避け、都心の大手企業にアタックされ、あっと言う間に、アメリカの市場に食い込む度量には圧巻な話。

一日楽しくゴルフを楽しみ、夕刻白骨になった人の話と、2時間の宴席もあっと言う間の解散時間であったが、少人数の会合の良さを味わった。

先般から、来年の新年号広告の打診があったが、まだ2ケ月も先と思ったが自分だけのカレンダーであり、周りは一歩も二歩も先に走っている。

よくよく考えれば、自分自身も来年の3月4月5月の事まで考えての行動目標を立てながら、日々を送っている。

気忙しいと言うか、セッカチと言うか?こんな日々を送りながら、自分の一生が終わるのか?と思いながらも、今日の一日が起動している。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2018-11-16 09:12


<< 今日もまた反省の日      解体に伴う整理整頓 >>