2018年 12月 17日
経営者の仕事

今日は75回目の誕生日である。

従業員を雇用して数年後から賞与を出すようになった。

創業当時は、農閑期の女性1名と65歳の父親と自分との3名の頭数

その後、妹と近所の二人の女性社員が入り、漸く賞与の言葉が身に着くのであった。

夏は7月給料と共に配布、年末は1215日と決めてきた。

何故と問われたことがあり「年末は何かと出費が重なり、少々早めに」と

考えた。と同時に配布することの意義と、経営者としての責務と考えと、社員の喜ぶ笑顔を見ながら、自分の誕生日を祝うのであった。

今日はそんなことで、下期の賞与配布日であるが、自身の誕生日を祝う気持ちになれないのである。

今年は2月から大雪に見舞われ、異常気象の現象か・台風が関東から関西に走り、重なる台風と西日本地域の豪雨・北海道地震・夏は夏で異常な気温と、お花に関わる当社の売り上げの厳しさが続き、昨今に無い現象が現われ、社員の一部に謝らなければならない事態。

経営者の仕事 1、売り上げ維持 2、資金繰りの責任 3、後継者の育成。



by ishizaki-kenzan | 2018-12-17 13:42


<< 三夫婦の誓      運転免許証の更新 >>