人気ブログランキング |
2019年 10月 19日
台風19号被害者にお見舞いと呑気な私 

台風19号、一週間前から気象庁の発表では、「過去にない大型で十分な注意を」と報じていたが、12日から13日にかけ、東海・関東・東北地方を縦断して甚大な被害と、多数の死者、行方不明者の傷跡を残してしまった。

地球温暖化が進むにつけて、世界各地に過経験の無い、異常気象が起こっている。

被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。

扨て、我が家では、娘が仕事の関係から11日東京出張との事で上京へ。

「台風が来るから、十分に気を付けて行動をすれよ」と人並みの言葉で送り出した。

12日の夕刻、娘に連絡を入れる。「台風の影響で新幹線も無理のようだから、ホテルに滞在を」と促す。

翌朝730分、又も娘に電話する。「そっちはどうだ」娘「ホテルの中で特段の変化も無いよ」と素っ気の無い返答・・・考えれば親バカの一面であった。

当地、三条は特段の被害も無く・・・ところで、我が家の柿の木が気になっていた。

渋柿ながら、それなりに実を付けていると、風に揺られ幹が折れるのでは?と心配で、枝を雪釣りの様にして保護をした。

保護のお蔭か?強い風にも負けず、枝折れも無く、実が落ちることも無く一安心と思いや、庭をはじめ、道路一面に柿の葉と、ナツメ・ケヤキの葉が散乱、地面が濡れていると葉を掃き寄せる事も出来ず、地面の渇きを待つ次第であった。

晴れ間を見ながら、落ち葉を掃き寄せる。

ふっと顔を挙げたら「私を早く取り寄せて」と言わんばかりの柿の実・・・

14日、朝口に35キロの柿を収穫し、渋取り剤で処理をする。

今年の出来はどうか?答えは一週間後のお楽しみ。



by ishizaki-kenzan | 2019-10-19 08:29


     ある人の言葉・考え >>