<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2012年 09月 27日
歩いて・現場に・体験する・・の意義

暑い暑いと言っていたが、4~5日前からの一雨が一気に秋めいた気温になった。
昨日、庭先の盆栽に水を与えて、フッと足元を見れば彼岸花が伸び始めていた。
今年の残暑が長かったのか、彼岸に遅れての開花となった。

先月末から何かと気ぜわしい日々に追われていた。
在る商社の不祥事から、見積作業に追われ、重ねて10月の見本市出展準備に追われている。
出展報告の案内状の配布、VIP招待の確認、出品商品の確認、挙句はカタログの確認等々で、いかに日常の仕事対応の拙さが浮き彫りに。

9/21、三条工業会の利器工匠具・ハサミ部門の懇談会が開催。
恒例の様に出席者からの「業界の状況、自社の近況報告」等が発表される。
見渡して世代交代が進んできている。
若い人達の感覚・行動力・企画力等の発表に頷くばかりの時間を過す。

9/23、三条市内の池坊作品展示会に足を向け拝見する。
素人の私には作品の評価は微塵にも出来ないが、器の中を覗き込む。
此の作品に、どんな剣山が使われているのか?ステン釘・真鍮釘か?の確認。
何と・・黒剣山が多く使われていた。

師範の先生から「これからは黒剣山が主役でない」とのコメントを頂く。
歓談の中にヒントを頂く。
「歩いて」「現場に」「体験する」の言葉があるが、正しく今日は久しぶりに有意義な一日となり、早速ヒント製品試作を始めた。
[PR]

by ishizaki-kenzan | 2012-09-27 13:11
2012年 09月 05日
お花を長持ちさせる剣山?
昨日の夕立、今日の時折の雨で猛暑も一服休みか?

猛暑と言えば、回覧板回しの一人暮らしの同年者が、熱中症に倒れ8月14日から25日に発見されるまで床に伏せていた。
「隣接者が異変に気付くことが一日遅ければ最悪の事態であった」と経過を聞かされる。
テレビニュース等で耳にしてはいたが、隣接にこのような事態が起るとは夢にも思わなかった。
「一人暮らしの怖さ」と言えるかも知れぬが、普段の生活態度にも問題点があるのかも?と考える。
人との接し方、常識的な対応、兄弟愛、地域のコミュニティのあり方等を考えさせられた。

さて仕事のことであるが・・
猛暑続きで花も傷みやすい為に、剣山は夏枯れの状態。
此の厚さにも負けず、お花が生き生き保つ方法がありましたら一報戴きたい。
先日、「ある方法で製作すれば、花が長持ちするかも?」早速サンプル製作に取り組みましたが・・此の暑さでは私の目では、いまいちと期待はずれと見受けた、専門機関に依頼するところです。
もし、現在の剣山よりもお花が一週間長持ちすることが証明されたら、正に特許ものであろうと胸膨らませております。
一日も早く結果を報告できますこと期待して待っていてください。

最後に10月10日より開催予定の
第四回国際エクステリアEXPOに出展致します
小間NO17-2です。
http://www.extepo.jp/
[PR]

by ishizaki-kenzan | 2012-09-05 12:00