<   2012年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2012年 11月 14日
70歳のお使い
11月4日(晴)越後一ノ宮弥彦神社に家族揃っての宮参り。
例年の弥彦菊まつりに、この日も観光客が押し寄せていた。

謳い標語の「菊まつり」は丹精籠めての力作揃いと瞠っていたら、
本殿両サイドの千本咲が少々遅れ気味か?と思わしていた。
観光客の見学者も「今年は暑かったから菊もバランスを崩したのかな?」の
声を耳にする。
自然相手の作品は難しいものとだと、自身のサツキの出来ようを思い出した。

先日、菩提寺住職様から「地区内の護持会会費徴収を願いたい」との依頼。
先入観で「お寺のお手伝いは、時間的余裕とそれなりの年齢の方が勤めるもの
」と思っていたのであった。
それなり年齢・・70歳有余の方・・と思っていたが、自身の年齢は・・
指年70歳にたしていた。
自分では「まだ若い、60歳入り口」と言い張っても、「住職の目は確かなものであったか」と観念してのお使いをする。

此の使命に我を見直す時であった。
小規模ながら20歳にして創業し、今日まで社内では上から目線で指示を出していた。
菩提寺住職の名代としての使い・・・
集金業務であれば、こと難しい点も多々おこるであろう・・
集金日、概ねの時間を伝いながら、時間厳守に訪問・・言葉使いに注意をしつつ、2日間に掛けての予定が、一週間も時間をつやしてしまう。

頭では理解しても、一軒一軒事情が異なり、初めての面識でも有り戸惑うことも、人の世の出来事かと勉強さしていただいた。

今月に入り剣山も少々荷動きが見えてきました。
お正月迎えるに、新年の来客を迎えるに、依り以上に、自身の気持ちを新にして、お花を家庭に飾って新年を迎えられますことお薦め致します。

正月定番の花材、松・センリョウ・菊・南天等が使われます。
剣山は、器に選ばれ、花に選ばれての脇役道具ですが、此の時期は少々大きめの剣山を買い求められますことお薦め致します。
[PR]

by ishizaki-kenzan | 2012-11-14 13:05