<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2013年 07月 23日
暑中お見舞い申し上げます。
 昨日20日、父の三十三回忌法要を執り行いました。
思えば出せば(正日7/30)この日も朝から太陽がギラギラと照りが厳しい日であった。
82歳の高齢から死亡診断書は老衰と記載されていた。
私の子供時代は、テレビの無い時代であった。
父にとっては遅まきながらの長男・・期待が大きかったのであろうか?
夕食後、御茶番しながら、親戚との関係、昔の町並みの話、旦那様に使いをした時の話等々・・。
子供の私には「また始まったか」と馬の耳に念仏であった。

が・・亡くなる数日前の会話。

父は自分の生命の終着時間を知ってか、こころなし寂しい話が多くなった。
私は寂しい話からとうさけるようにして、話相槌を打ちながら話題を変える。
「じいちゃんが今までに楽しかったこと・食べて美味しかったものは何か?」の問いに父は答えた。
「生まれた時、家があったが諸々の事情が絡んで家を失った・・が、お前が作ってくれた此の家にこうして暮らせることが一番のうれしいことだな」と噛み締めながらの言葉。

翌日も同様の時間と会話・・
「じいちゃん、俺に言っておきたいことがあるかね」と訊ねると、暫し無言が続き
「今、何を言ったか?」と問い正される。

同じ言葉で「俺に言っておきたいことが有るかね」の繰り返しに

「日々言っていたことが遺言で、俺に聞くことが無いか?」と切り替えされ
私は一瞬固まってしまった、記憶が蘇るのでした。

含蓄の在る言葉と今も思う
親の言葉一つ一つを理解出来る様になったら、70の歳を数える昨今。

合掌 


スパーク・メッセ有志八社展示会開催 ・当社も参加しております・
期間 7月24日(水)~27日(土)
会場 ブリッジにいがた
(中央区日本橋室町1-6-5 だいし東京ビル1-2F)
[PR]

by ishizaki-kenzan | 2013-07-23 13:54 | お知らせ
2013年 07月 02日
髪の毛は季節を知っていた。
題目から「何のことか?」と気をそそる話。
新潟気象台から「新潟地方も入梅の様子が見えます」と入梅宣言が
発表されました。
しかし、雨の降る様子も無く「空梅雨」の言葉が通る昨今であるが
私の髪の毛は季節をキャッチしています。
雨が降らないながらも湿気を髪の毛は感知して癖毛を披露。

母親が髪結業を(昔は髪さと言われていた)しており、仕事道具入りに
コテが入っていた。
コテは片方が丸味の棒状で、片方が棒状を半月型して、間に髪の毛を挟み
静かに髪の先端へ移動して使うものです。
逆にウエブーを求める時は、コテを半回転しながらウエブーを作り出した。
コテは炭火で暖めるため時には必要以上に暑くなり、鋤毛を掴み程合いを
探り使用していたようだ。

若かし頃、そのコテを炭火でコテを暖め、癖毛を手鏡とにらめっこしながら整髪したものだった。時には鏡と自分が逆写りを考えず、アチチと額をコテが触れる始末。
今はドライヤーという便利な物を使用しております。

此の季節になると、生け花が傷みやすくなります。
水替えをこまめに・・と言っても、いけばなの水盤水を手であけることは常識には無理。
其処で便利な「水替えポンプ」があります。
ホームセンターでは見受けられず、花器店・花や・専門店にお尋ねを・・・。

家庭菜園は・・ナスも5~6実を付けミニトマトは漸く色好き始めました。
一番の試食は我が社のアイドル・・さくら(ミニチアダックス)が頂きました。

e0232077_1113465.jpg

e0232077_11141436.jpg

7月は当社の決算期・・目を通しているが思うに任せず・・・気持ちだけが走る昨今。


追記
1月の展示会メンバー・スパークメッセの有志八社で展示会開催いたします。
7月24日(水)~7月27日(土)
会場ブリッジにいがた(中央区日本橋室町1-6-5だいし東京ビル1-2F)

[PR]

by ishizaki-kenzan | 2013-07-02 11:14 | お知らせ