<   2016年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2016年 01月 28日
ドカ雪に体力チェック・・まだ若いのか・・
25日、午後5時近くに電話が鳴る。
「駐車場を借りて○○です、駐車場の雪が溶けず何時除雪できるのでしょうか?」と確認電話が入った。
こんなことにならない様に、接続部分が外れていた箇所を直していたのに・・・
と言い返そうとしたが、消雪パイプ電源が自動式に設定してあるが、ある程度の降雪がキャチ出来ないと稼働しないのであった。
故に、十分雪を解かすだけの消雪力が無かったので、銀行の新年会前に「自動から手動」に切り替えて置く。
26日気になり、AM5時に確認に行ったが、消雪パイプ配置の不備があり、マダラ模様の積雪に悪戦苦闘の始まり。
7時には娘の通勤で20分程の駅まで送迎を勘案して、一時作業を中止し送迎後再度作業開始。
駐車場使用者は8時30分ごろから見え始めるので、甥っ子に助太刀を依頼。
スノーダンプとスコップの人力稼働での作業は思うほどに進まず、駐車場利用者に頭を下げての作業。
結局は10時近くまでかかってしまった。
今朝、起き掛けに肩甲骨付近と両腕が重く感じていた。
年を取ると、疲れは2~3日後に出てくると言われるが、昨日の今日の表面化はまだ、若いと言う事であろうか?・・・。

夜は娘が大変な状況に遭遇・・・
信越線使用しているが、人身事故発生とのことで帰宅が零時30分になった。
今朝のローカル新聞で幾多の道路事情が紹介されていたが、ドカ雪には人間の限界を超えてしまう。
雪国育ちであればと思うが、待ったなしに市役所に苦情電話が殺到する昨今・・。
明日からお天気も回復との予報に、ちょっぴり気が緩む。
[PR]

by ishizaki-kenzan | 2016-01-28 09:54
2016年 01月 26日
今期一番の寒気団
昨日からの降雪が気になり、賃貸駐車場を見回って来たが
一方のホースが外れていた。手元の暗さに作業が進まず7時過ぎ
補修して帰宅する。これ以上降らなければと・・・。
25日やはり積雪が気になり4時に目を覚ましそっと玄関先を覗く。
何と新たに50センチ有余の積雪。
昨夜から気にしていたこともあり、早速身支度して、玄関先の除雪を早めに切り上げ、会社の除雪へと行動を起こす。
思わぬ積雪に完全防備で除雪を開始。
暗闇に「除雪して頂きありがとう」と声を掛けながら、向かってくる人が居た。
新聞配達の人であった。普段は無人的存在会社の新聞受けである。
6時30分自宅に「これから家に帰るから」と言ってからが大変・・・

降雪後の月曜日、何もかにもが後手の早朝であった。
積雪があっても、普段は30分程の時間が2時間掛かっても家に着かず・・
社員に、携帯で指示を出しての今朝であった。

「今年は雪も無く暖冬と言いありがたいね」一昨日の会話であった。
降る時は降ってくれないと・・・まとめ降りは何もかも当て外れの一日になった。

この後、銀行の新年会・・・予定時間に会場に入れるか?疑問の今日です。

高く積み上げられた雪の山
e0232077_1123381.jpg


除雪後の出荷入口
e0232077_11304065.jpg


枯れ木に花が咲く
e0232077_11253952.jpg

[PR]

by ishizaki-kenzan | 2016-01-26 11:26
2016年 01月 21日
ダルマに目を入れて 
16日の社内新年会を開催

前日に40年付き合いの仲間の母親が97才で逝去の訃報が届き
16日お通夜に参列と言うことで、社員より早め退席する。
妻の写真を飾る意を社員に話す。
「妻も皆さんに感謝と共に、会社を守ってね、父さんに力を貸してね」と言っているであろうと締める。
和気会い合いの時間はあっと言うまであったが、明日のエネルギーになってくれればと願う。
小正月も過ぎ、正月気分も抜け、今週から一年の始まりと、朝礼に一言。
今日から数年ぶりに、社員に前掛けを配布する。
チームワークと「これから仕事をする」の気構え、気合を入れて欲しいと願う。

株市場は年明け早々波乱含みに走っているようである。
今年の先行きはいかなものか?
当社にしても剣山冶金の変動をもろにかかってきており大変な出だしである。
手足を動かし、無駄を極力セイブし、一秒・一歩・一円を考えての行動しかない。
社員に「今年の抱負」を提出して頂き社員の抱負を拝見。
それぞれの立場で抱負もいろいろであった。
朝礼後に提出書をめいめいに返したが「日々目の止まるロッカーに貼っておくように」の注文を付けた。
自身もそうであるが「書きぱっなし」で終わる事しばしば・・・
有言実行するなら、日々目的を目に入れることも大事と考え言い渡す。
最後に個々の抱負が叶えられるよう、ダルマに目を入れて朝礼を終わる。
e0232077_1539437.jpg

[PR]

by ishizaki-kenzan | 2016-01-21 15:38
2016年 01月 18日
社内新年会  


創業50周年を迎えた平成26年1月に、内職先様を招いての新年会以来の開催
となる。
女性社員が多いことも加味して午後4時の開催とした。
昨年10月、妻の葬儀には社員からも多いに手伝ってもらい(半ば命令)、慰労の宴も開かず仕舞いであった。そんな反省もあり今日の新年会。
どんな話題に花が咲くものやらお楽しみ・・・と言う前に、先日から考えていることがある。

葬儀を取り仕切ってくれた担当者がサプライズで、妻の顔写真額に、社員一人ひとりが妻にメッセージを添え書した写真を会場に持ち込もうか?と考えた。
「社員へ感謝の意と、業務遂行に頑張って」のメッセージとして。
妻も賛同してくれるであろう・・・。

先日触れていた休憩室のエアコンの件、見積書が届く。
今日も雪が降り続けているので早めの設置をお願いする。
今後も社員一同と、やる気を以って頑張ろう・・・と意を固める。
[PR]

by ishizaki-kenzan | 2016-01-18 13:52
2016年 01月 15日
18年目消耗疲労が現れる              
2~3日前から、遅くにして漸く雪が降り出した。気温も3~4℃下がると
暖かいものに身を寄せる。
昨日、休憩室の火災報知機が突然鳴り出す。
2~3年前に休憩室のエアーコンが調子悪く、業者に点検依頼したら
「型が古く部品が取り寄せない」とのことで、夏場は扇風機、冬場は
石油ストーブで忍んできたが、其のストーブが悪いのか、突然として
火災報知器が鳴り出したそうだ。
他人事の様な言葉であるが、私が留守にした時の出来事であった。
セコム担当者が早速に駆けつけたが、特段の原因が判明せず終わる。
社員曰く
「最近、ストーブ付け掛けに煙がモクモクと発生、ボリュウムを絞れば
消えそうな火気」と話す。
頑張ってくれている社員のため、社長として奮発と電気屋に早速連絡
(冬場だけでなく、夏場も考えるとエアーコン設置)
社員に報告すると・・・
「社長、もう一つお願いがあります・・・洗濯機も時々とまるのです」と
話が出た。
仕事で使用する「軍手・タオル等」を洗濯するに[手で洗え]とは言えず
「チラシを見て、小型で間に合わせろ」と言わざる射ない今日でした。
指折れば、平成10年11月に竣工して18年目になれば、疲労するも
当たり前と決断する。
[PR]

by ishizaki-kenzan | 2016-01-15 09:42
2016年 01月 13日
スパークメッセ2016参加              
1月4日からの仕事初め

製造部門での懇談会を、約1時間打ち合わせ
全体懇談会を開催してのスタートにした今年。
12月剣山最盛期と考えていたが、予想に反しての結果であったが
4日の午後からFAXが鳴り出した。
必着日1月5日必要とのメモ書き。
重なることにB社からも同様のFAXが入り大慌て。
何とか漕ぎつき出荷した。

5日またも昨日と同様に6日必着の注文が入る。
「商品によっては欠品発生」と事務所に連絡はいる。
商社にその旨了解取った後に、複数人での作業に置き場間違いで
またも、商社に連絡入れての訂正。

“慌ただしい作業につきもの”と言えばそれまでの事・・・
見るに、作業手順の問題も無きにして有らず・・・
責任者の指揮による確認を改めて勉強してくれればと願う。

前もっての開催期日であったが、若手にも勉強のため打ち合わせ会に出席させたが、初めての体験でもあり、当日の準備・製品レアウトに遅れがで、慌ただしい飾り付けに一汗掻く。
当社として、特段の新製品も無く淡々とした展示会に終始。
何か新商品・目玉商品の開発が欠かせないメーカーの宿命を感じる。
来年はどんなになるだろうか?

反省会には若手の山崎君に出席して頂いた。
此の時期で「路上に雪が無い事がなによりの好条件」の開催であった。
以前は卸業名簿を参考にして招待状を発行し、一社でも多く来場を呼び掛けたが、今回は参加各社から配布を実施・・・
概ね昨年同様の来客、来社であった・・・と報告があり、尚、商談成立金額を
前年に並んでの成績と発表有。
[PR]

by ishizaki-kenzan | 2016-01-13 09:39
2016年 01月 06日
三ケ月目の命日
1月3日

元旦に引き継ぎ命日にあたりお花を添えて娘と共に墓参り。
自宅で、朝晩仏壇に手を合わせていたが、お墓の前に立つと正に、妻に会いに来たと実感するのでした。
「あの日から三ケ月過ぎたのか」と振り返ると、何かにバタバタの日々に追われてきたような三ケ月であった。
漸く、一つの流れが道就けるようになった。
田舎の風習か?年賀欠礼のはがきを出していたせいか、誰一人として年始あいさつ客は見えなかった。

明日から仕事開始、12月は例年に比べて、静かな月であった。
こんなことではと・・・。
景気が悪いから・・と言ってボヤキは禁物、自分も目覚め、社員も目覚め
正に一団となってアタックしなければ・・と考え、年末に社員に宿題を出した。
期限は1月4日仕事始めに提出を科していた。
どんな抱負が書かれているものか・・・。
自身も仕事初めの朝礼に何を話すかメモを書き副えた。
部署の連絡、全体の連絡、社長としての考え、お願いと色々と書き留めた。
[PR]

by ishizaki-kenzan | 2016-01-06 13:14
2016年 01月 06日
本年もよろしく                       
1月1日

あけましておめでとうございます。
穏やかな天候に感謝し、妻が亡くなって初めての正月
2~3日前から娘はいろいろと買い物をしていた。
31日の年夜の賄いやら、元旦の惣菜やらと気忙しく立ち振る舞っていた。
昨年までは、妻が呼んでも「コワラ」の様な動作で、妻の声も次第に
大きな声になり「分かった、分かった」と言いながらの返事。
其の娘が、妻が亡くなり、自分がしなければ物事が進まぬことを
知ったのか、其処底の出来倍が食卓に並ぶ。
娘の作った「のっぺ」等を、妻の仏前に添える。
「母さん、暁子の料理を頂いて・・・」と声を掛けながら
仏壇に手を合わせた元旦の朝。

我が家の風習で元旦に菩提寺様に年始の挨拶に伺うことが習わしになっている。
況して3ケ月前には大変お世話になっている。
菩提寺様に挨拶の前後にお墓に参った。
仏壇に御参りするとは全く違った感触を受けた。
正に、妻がそこに眠っている・・感覚を味わった。
そこにはお骨が眠り、妻の魂が座っていた。

私生活・会社の今後、さしあたり今年の方針等を考える日。
此処では書き表せない事柄を胸に刻みながらの一日であった。
[PR]

by ishizaki-kenzan | 2016-01-06 13:12