<   2016年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2016年 08月 26日
あの日から一年
妻が自分から「お風呂に入って気づいたが、手足と胸元の肌色が気になる」と
風呂上がりの言葉に「明日診察して貰えば」と気軽な会話が昨年の8月23日
24日開業医に診察。
会社から帰宅し、台所に夕食支度をしている妻に「どうだった」と声を掛ける。
「三条病院への紹介状を渡され明日病院に行ってくる」と手を休めることなく答えた妻。

朝から病院に診察して貰うにこんなに時間が掛かるものかと、正午の時報と共に感じていた。
妻は携帯電話を使用していない為連絡の取り次が出来ないでいた。
3時過ぎに妻から連絡が入る。
「4時から診察の報告があるが、お父さんと一緒に説明するので同席するように」看護婦さんから言われたから病院に来て・・・と少々疲れた声での言葉。
私に同席を依頼することは少々重い病か?疑心暗鬼で病院に入る。

検査疲れか妻の姿勢がそのように見えた。
先生の診断言葉「黄疸が出ているので今日から入院してください」と一言に
妻は「タオル一枚持ってきていないから支度してきます」と言いながらぽつりと一言。「自分の父親と同じ病気か?」と席を立ってドアに向かう。
沿って私も立ち上がった時、先生に呼び止められ座りなおす。
先生の開口一番「何でこんなになるまでほっといた」と問われる。
先生の一言が理解出来ず「先生、ほっといたとは何ですか?」と問い直す自分。
「現段階で余命一ヶ月と診断する状態です」と答えられる先生。
正に谷底に突き落とされた心境・・・そんなばかな・・・今朝も食事の支度をして、自分で車の運転をして元気に病院に一人で診察受けたのに・・・と先生の言葉を受け入れられない自分であった。
妻には言えず、娘に話しながら声が詰まった。あの日から一年の8月25日。
二日後伝えられた病名 胆管細胞癌・食道静脈癌・腹水発症・末期段階と告げられる。
[PR]

by ishizaki-kenzan | 2016-08-26 11:36
2016年 08月 20日
しおり
今年もキッザニア・マイスターフェスティバルに賛同受け入れた。
当日、私の挨拶と言っても家庭内に対照する年齢の子供が居ないため、大人言葉になるであろうが、こんな「しおり」を参加者に渡すことを試みた。

2016 キッザニア マイスターフェスティバルに参加して下さりありがとう
その中でも、石﨑剣山製作所に参加して頂きありがとうございます。
社名の通り「剣山」を製造している会社です。剣山は、お花を挿す道具です。

剣山は主役ではありません。
器に選ばれ、花にも選ばれる、脇役商品です。
しかし、脇役ながら、名脇役になりたいと、社員一同で頑張っています。

社員はパートさんを入れて7名と私を入れて8名で頑張っています。
今日は3名の社員、用事がありお休みですが、5名のスタッフで
皆さんと一緒に作業をいたします。
皆さんには、剣山造りのお手伝い、剣山を使ってお花を剣山に挿して楽しみたいと思います。
楽しんだ、お花と器を皆さんにプレゼントいたしますから、家に帰ったら
もう一度、お花を剣山に挿して、夕食のテーブルに飾って、今日の体験を
お父さん・お母さん家族にお話をして下さい。

剣山は、中国・台湾の国で少し作られていますが、「いけばな」は日本の文化です。剣山を使っていけばなを楽しむ習慣は一部の人たちであり、中国企業としては儲かりません。
剣山は世界の中でも日本国内のメーカーが頑張っています。
その中でも、当社が一番の生産力をもっています。言い換えれば、世界一の剣山メーカーです。

最後に、当社の最近発表しています「いけばなスピーカー」を聞いて頂きます。
この商品は、CD・スマホンから流れるメロディーを生の葉っぱから聞こえる
商品です。商品に「夢」を持たせたいものです。
と、実際にメロディーを聴いてもらう・・・子供の反応より、父兄・市役所の
引率者が驚きを揚げる。
[PR]

by ishizaki-kenzan | 2016-08-20 11:31
2016年 08月 19日
感無量のひと時
オリンピック開催・高校野球開催殿競技も熱戦・奮闘と力が入ったが
より以上に、猛暑続きの当地。(2・3日は台風の影響フェン現象)
皐月には、朝晩散水を心掛けていたので、今日まで皐月は一本も枯らさずに
過ごしている。
が、今日柿木を見たら毛虫が多く発生していた。
今年も6月にアメシロ散布お願いして、アメシロは発生しなかったが、ここにきて、毛虫(名前が思い出せない)を発見。
来週、二回目のアメシロ散布に見えられるから相談しようと考えている。

16日、三条導祖神昭三同意会、歴代会長中川芳郎氏の訃報が入る。
当会、初代会長の息子であり、会の運営には厳しい指導を発揮されていた。
幼少のころから20才まで生命があるか?の重い病を背負いながら78才にして
旅立たれた。
故人は日々「自分が亡くなったら、祭りの囃子で見送ってほしい」遺言に沿って
葬儀式に八幡宮宮司藤崎様の横笛で演奏される。感無量の一時が静かに過ぎる。
喪主の要請もあり、棺を霊柩車に乗せるお手伝いをする。
お手伝いする姿は、祭り当日の紋付姿。
喪主様の御挨拶前に、霊柩車に向かって最後のお別れの言葉を述べしさて頂く。
「中川先輩、長きに渡りご指導を頂き、両手に抱けない程の思い出を頂きました。
晩年に於いて7年の闘病生活、お疲れ様でした。安らかに御眠り下さい。
会員一同でお見送りしております。ありがとうございました」と述べ、斎場に向かう。
火葬所に入ると妻の日が脳裏を走る。
[PR]

by ishizaki-kenzan | 2016-08-19 11:29
2016年 08月 17日
形見分け・・処分は夫の役目
妻の新盆・・・今までにない(私の両親)心境でお盆を迎えた。
お墓の掃除も例年になく時間を掛けて磨き上げる。
添える花も少々大き目の花・・・と妻の面影を偲びつつ気張っている
自分を認めながらお盆を迎えた。

12日夕食時、思い出したように娘に「去年の今日、食事時、暁子が言った
お母さん白目が黄ばんでいない?」の言葉に「もっと正面から母さんの目を
見てやれば良かったかなー」とぽつりと交わす。
「その時、直ぐにお医者に診察して頂いても遅かったかもしれないね」娘からの言葉。
何時もにもない重い箸を口に運び、妻の思いを偲びながらの食事。

14日、妻の姉妹二人に、普段着と靴を見分けながら活用して頂いた。
その場は、娘に立ち会わせ形見分けの時間が過ぎ去った。
姉妹の二人も同音に「娘たちに、いらないものは今からかたづけ、捨てるものは捨ててね」と子供に言われていますと爆笑・・・

妻の身の回り品は娘に一覧して行動を起こすなかにも、私が一つ一つ妻の使用した(47年)分をかたづけなければ進まない。
ここにも妻の信頼と、一点一点に別れを惜しみながら進める事が、連れ添った夫としての使命感で有るように思い、今日も仏壇に手を合わせる。
[PR]

by ishizaki-kenzan | 2016-08-17 15:57
2016年 08月 09日
迷惑なお客様
8月8日午後3時からの「天皇陛下、お気持ちを述べられる」を
配達車中にて聴きはじめ、後半から会社のテレビで拝聴した。
日本国の象徴として、日本国民と平和を念願としての責務を
淡々と述べられ、体力の衰退を考える時「生前退位」も一考と述べられる。
平民の我々は特段考えも無く(環境・状況は多少考量する)親から子へと
生前であっても、死後であってもこんなに深く熟知しないまま引き継がれる。
それだけに、国の象徴の有るべき姿は、日本国民はじめ世界の平和をも
考量しなければならない重大・慎重に考えなければならない。
権力闘争の火種にならぬことを天皇陛下は望まれているであろう。

迷惑なお客様は「足長蜂」である。
スクラップ置き場のアングルに巣を作っていた。
7月末は当社の棚卸日、スクラップも計上するために、先日私が移動したが
気づかず、配達に見えられた人が見つけた物・・・。
いづれにしても、倉庫の出入り近くにあり、業者に電話を入れた。
運よく、業者の社員が当社の近くに出向いており早速にして駆除して
頂いた。
業社の言うに「今年の様に雨が少ない年は蜂も活動が活発」との事。
昆虫も自然界の中に生きている、環境に対応した生き方を身に着けていた。

思い出すと親父が言っていた「蜂の針止めの法」なるものがあり、法を掛けられた蜂に刺されても痛みを感じず・・・ただし、蜂の針止め法は掛けるより、解く
法を充分に勉強しておかなければならない。
蜂の生命線、武器たるものをアウトにすることは、蜂にとっては生命にかかわり
一時過ぎた後には、法を解いておかないと、法を掛けた人間の生命が断たれると
言ったことを思い出した。
[PR]

by ishizaki-kenzan | 2016-08-09 10:05
2016年 08月 08日
社員の目・・考えのアンケート
とにかく暑い日が続いている。
昨夜は(8/7)寝苦しく部屋に扇風機を持ち込んで見たが、
暫くすると「さくら」が落ち着かない。
おねだり時の鳴き声と、二階の娘部屋に上がるに階段途中の
救いの鳴き声・・の繰り返しでの睡眠妨害・・・。

毎年の事ながら暑さが続くと、お花が傷みやすく、いけばなも一服
正に刷枯れ状態になる。

こんな時期を如何に過ごすか?と考え、先日社員にアンケートをお願いした。
社内の整理整頓を社員の目で提案をお願いした。
さすがに7人の目で物を見ると色々な提案が寄せられた。

先ずは1)生産アップに係るポイント
   2)社内整理整頓・不要なもの整理
   3)事務所内の整理
   4)屋外の整理等
   5)職場に寄せる備品等
色々提案を投稿してくれたことに意義深いものと考えるが、生産活動から
順じて進めていきたいと考える。
社員にもしっかりと伝え、きれいで、活気のある職場でありたい。        
[PR]

by ishizaki-kenzan | 2016-08-08 15:33
2016年 08月 03日
新盆に寄せて
 7月30日は当社の棚卸日、当地も梅雨明け宣言と共に
猛暑日が続く。
そんな中に社員は頑張って作業を進めてくれた。

8月1日は妻の新盆でありながらも、週始まりで一人代表として
お参りする。
菩提寺は本堂の痛みが激しく、来年の9月までの修復工事で
奥裡での参拝になった。
本坊・伴僧二人の読経が進み、参拝者一同で正信偈を読経する。
正信偈を口にするは数回の経験であるが、なかなか住職・伴僧について行けない自分であった。

講話も新盆に相応しく、「仏は極楽浄土を歩まれている」
寧ろ私達が「仏から何を学んだか?」が「この日の意義深い日である」と
語られると「自分は今までどうであったであろうか?」と振り返る。
三人家族の一人が旅たち、会社では右腕の妻が亡くなり・・・自身を
振り返る時間より、日々の生活、業務に奔走しての10カ月。

医師からの診断から僅か40日での他界。
当時を振り返れば、有り得ない事ながら「医師の診断が他人と間違って報告した」
と、身勝手な思いが走っていた。
あの日から10カ月の歳月、辛うじて朝夕の仏壇参りは今日までも続けている。
その日その日の出来事を報告しながら、「どんな思いで旅立ったであろうか」と
考えると、「部屋の一部を改善し、畳も古くなったから入れ替えたいね」の
言葉が遺影から聞こえる思いがする日々の今日である。
[PR]

by ishizaki-kenzan | 2016-08-03 11:22