<   2017年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2017年 04月 27日
集大成・年次大会

ライオンズクラブ国際協会333-A地区第63回年次大会も、

無事に終わり、ほっと一息している昨今。

だが、考えてみれば、会計担当はこれからが忙しくなる。

大会前に買い付けるものは少ない。

事業打ち合わせ時、計画・予算案等を審議しての実行であるが

急遽の変更・予定外の追加等の仕分けがあり、各部会からの

請求書の確認作業がこれから始まる・・・。

また、各ホストクラブの協力にガバナーと同行して、御礼挨拶と

もう少し忙しい日が続きそうである。

記念講演には、「なでしこジャパン」監督を務められた佐々木則夫氏の

講演を聴く。

・リーダーのあり方  ・ペップトークとプッペトーク ・五つの提言

各講に熱心に話され、一般者からの質問にも応対され「僕が一番質問を

受けたいのは、子供からであった」と前置きしながら「星のついた帽子

の君、僕の話分かったかな・・君たちに分かって欲しいと話したんだ」と

笑いを入れながら、最後に「なでしこジャパン」の世界一の画像を見せられ

講演を終わる。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-04-27 11:21
2017年 04月 19日
造形の美と自衛隊機 

古賀氏から情報が入り「いけばなインターナショナル世界大会」が沖縄に

開催との事で13日・14日と沖縄コンベンションセンターを訪ねた。

古賀氏の計らいで、一般向けの作品と草月流家元のステージショーを拝見することが出来た。正に造形の美・百花繚乱の舞でもあった。

各流派の作品を拝見すると同時に、足元の剣山に目を向ける私。

剣山を使用しない作品、剣山の代わりにアクリル樹脂での器に無数の穴加工した製品にお花が活けられていた。

又、創作的なダイナミックな作品には、どうして花止めをしているのか?製作段階から拝見しないと解らない作品・・・日本文化のいけばなに、少しながらもお手伝い出来ればと考えて今日まで剣山を造り続けている自社、剣山使用がゼロにはならないであろうが、競争に負けたらゼロになる、気を引き締めながら、いけばなの世界に関わって生きたいと初心を新たにする。

帰りの便に少々時間が有り、那覇空港で昼食を取りながら目は滑走路に釘付になった。

飛行機が珍しいのでなく、自衛隊機の訓練であろう離着陸の頻度・・・

越後平野に囲まれた我が三条市上空に、飛行する機は全てビジネス機であろうと疑わない平和ボケの私・・・

日々テレビニュースで報じられている、北朝鮮とアメリカの緊迫。

日本を守るのは誰だ・・・と問いかければ、自国は自国で守ることが第一であり、武器を使う前に、被爆国の立場を世界に問いかけ、悲惨な舞台は絶対に有ってはならないと考えさせられる一時でもあった。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-04-19 11:43
2017年 04月 12日
慌ただしい一週間

4日 12時20分頃、甥子から姉が危篤の一報が入り見舞いに伺う。

93才の高齢と共に長い闘病生活であったが、寿命はその人に与えられた物であり忖度は出来ない。その晩の10時55分息を引き取る。

5日 打ち合わせ後、姉妹にその旨の使いに出かける・・・

此の様な用に「さくら」は、会社に置いて走り回り会社に戻るなり「さくらが車に引かれ、即死」と社員からの報告に呆然として耳に聞くが「何が何で?」の一瞬の空間。

ともあれ、自宅に連れてお参りする。

娘に「さくらの訃報」をメールする手が震える。

姉の通夜式には娘と出かける、が帰宅すると「さくら」の火葬準備に追われる。

6日 9時30分受付して、娘は会社に勤務。私は姉の葬儀に間に合う様に帰宅      し葬儀会場に向かう。

葬儀後、会社に戻り連絡事項の確認・・・事務員二人は子供さんの入学式で休暇、不慣れな事務仕事で、商品単価間違いがあり、4時ごろからバタバタの時間に追われて、帰宅したのは8時過ぎ。

ふっと「さくら」の居場所に目を移すと、お花が飾られていた。

社員一同に可愛がられていた証であろう。手を合わせ社員と、「さくら」の冥福を祈る。

e0232077_10114228.jpg

7日 昨年の暮れに起こった糸魚川大火、役員で見舞金届けに8時出発

糸魚川ライオンズクラブに案内され、米田徹市長に面会し、目録を渡す。

帰りには、現場を視察し大火の大きさを知る。

国も県も再開発に十分な予算付けと言っているが・・・

三条に帰り、クラブの例会に出席後、年次大会の取材を受ける。

今日は娘の帰宅が遅い報告があり、風呂上がりのビールを一杯飲みながら、さくらの事故死に思いが走り、妻の仏壇前に座り込み「ご免な・・さくらがこのような姿になり」と、静かにビールを飲み干し床に就く。

8日 我が家は娘と二人きりになり、娘に「夕飯は二人で出かけるか?」の声掛に娘も同調し、7時近く食事に向かう。

良く有る話、願望で「子供と一緒に飲み屋で一杯」が初めて体験する。

行くところ、行くところに「石崎さん、若すぎる嫁さんは大変だぞ」と冷やかされるが、「どう見ても親子、よく見ろ、俺にそっくりだぞ」と言う言葉に娘は苦笑して「似すぎてご免ね」と切り替えし、一晩を楽しむ人。

9日 得意先の奥様通夜に参列・・・75才での旅たち。

若き頃に病を患いながらも、ご主人の職業転業にもご尽力されていたとの言葉を耳にすると、またまた家内の姿が思い出させる。 

10日 葬儀に参列・・・出棺時、霊柩車の道順が発表される。

葬儀場から自宅により、会社を回り火葬所に向かう」と案内がながれる。

私も家内を同じ様に、二人で歩いた・築いた会社・建物を最後の最後に

目を開いて見て欲しいと切望した、あの日を思い出す一幕であり、ご冥福を祈り、霊柩車を見送る。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-04-12 10:12
2017年 04月 04日
さくらに気遣い

新年度とは言うものの、自分にとっては何ほどの変化もありませんが・・

と思いや、此処に来て俄かに頭を痛める事情が発生。

役目以上、昼の外出は社員が居るから「さくら」を置いて出かけられるが

夜に係る用事に困っています。

「さくら」を預ける甥っ子の事情で、暫くは預けられない状況

5日 ライオンズ年次大会最終会議後、懇親会が入っている。

会計の立場で二次会の設定と会費まとめが仕事となる、欠席は気が重くなる。

6日 三条祭り、若衆会主催の打ち合わせ会・・・夜6時30分から懇親会付

これは昨日、副会長と当番長に出席要請をした。

7日 ライオンズクラブの用で、朝8時出発で糸魚川市に見舞金の届け。

11日 議員さんの懇談会

12日 仲間の会合

13日~14日沖縄出張 世界いけばな展

15日 上越中央ライオンズクラブ50周年記念出席

21日 63回年次大会 前夜祭

22日 63回年次大会 我々担当としての集大成事業

30日 三条中央ライオンズクラブ主催 市内中学校親善野球大会 

等の予定が手帳に書き込まれている。

娘は新潟市内に勤務。通常は19時18分着か19時50分か?の帰宅

娘と調整取りながらの今月の予定。

お読みになられる皆様から見れば、たわいの無いことでありましょうが

生き物を飼っていると、この辺が大変な気遣いの種です。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-04-04 14:30