<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2017年 06月 27日
頑張る人・頑張られる人

過日、バラの花びらが散乱困っていることを書き留めましたが

此のバラの木は、以前にお住まいの方が植えていたものであり

季節には、消毒等を施し楽しんでいたのであったが、剪定の加減が

分からず、蔓を伸ばし過ぎか、棚が歪んできたので、24~25

の二日間でバラの木をカットし、新たな棚づくりを試みたのであった。

25日はあいにくの雨降りで作業が進まず、棚づくりは暫く延期。

今朝のローカル新聞に、元県知事の講演記事が乗せられていた。

経済が得意の元県知事は、日本国の財政破綻が起こらない理由を解かれ

「世界最大の債権国だから、そのリソースを使って我々の生活環境を豊かに

出来るのが日本」と解かれたそうだ。

私の目を引いた文字が、「人口減で商品が売れない、ものづくりはそうでもない

マーケットを城外に展開するかでやりようがある」これは、地域でも元気な

中小企業にも見られる傾向だ・・・。

最後に、母子家庭のお母さんは「住所を変えてでもこの子には同じ人生を

歩ましたくない。自分の人生をリセットして自分のために生きたいと言うとき

子供の将来を心配する一人親世帯はとにかく一生懸命働く。会社の為に働いてくれる。そういう人との出会いは大きな戦力になる」と記載されていた。

私も幾人かの雇用を試みたが頷ける人がいた。

男・女問わず、今自分が何をするべきか、自分の役割が分かる人間になってほしい。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-06-27 09:28
2017年 06月 23日
梅雨入りと癖毛

天候不順で梅雨入りも遅れていたが、昨日の雨天候が新潟地方も

梅雨入りと発表・・・

作物等には恵の雨と言われているが、小生には、今始まった事ではないが

長雨と湿気天候は好まない。

生来、髪の毛が癖毛であり、梅雨時期の頭髪が気になる季節

若いころ理髪店のご主人に「ウエブーがあってよろしいよ」と褒め言葉で

あったか?当の私には鵜呑みに出来なかった。

当時の映画スター、石原裕次郎・小林 旭のスター達の髪型に憧れる時期

考えれば、彼ら映画撮影時常に服装・髪型等に手を入れての撮影・・・

恰好よくしてナンボの世界であった・・・

でも、拘っていたことがある。

妻、美知子と出あった時、目線は髪の毛に走り、黒髪で肩まで伸びていた

髪の毛に「ストレートの髪」と感激したことを想い出す。

と言っても、出会ったばかりで妻になる確証はなかった。

その後・・・娘が誕生し気になることは髪の毛・・・幸いにして娘は

母親に似てくれた。・・・梅雨時期になるとこんなことを想い出す老人。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-06-23 09:20
2017年 06月 21日
グリーン・サーマル株式会内覧会・社試運転の案内

此のブログに数回、グリーン・サーマル会社と団地組合との会合を記載してきましたが、グリーン・サーマル社が試験運転を開催するに内覧会の案内が届いた。

残念ながら、ご案内の日は、ライオンズ執行部会議が予定されており、見学会は

欠席となった。

設備等は畑も違う事から理解できず、因り安全に稼働して欲しいものでる。

いずれにしても、直線で100メートルと離れない一般居住者に理解を求めているのであろうか?

24時間操業、年間330日稼働日、冷熱用排水で隣接の水田に悪影響は・・・等が払拭されない。これらは実質の稼働してからの懸念であり、取り越し苦労にならないことを願いたいものである。

又、燃料になる間伐材の取出し、輸送等の事は私には無関係かもしれないが

懸念することもある。

扨て、自身の仕事はどうであろうか?

相変わらず「盛り上がりに乏しい」と感ずる・・・

「この時期、赤にならなければ善」の言葉も聞くが・・・7月決算を迎えての心境。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-06-21 13:10
2017年 06月 15日
2年の歳月

6月になると垣根のバラが今年も咲乱れた。

咲きはじめて、4~5日過ぎると雨・風に当たると

公道に花びらが散りまくれる。

それが気になり、毎朝掃き寄せる日々・・・

朝の散歩方々からは「綺麗に咲きますね」の

お褒めの言葉を聴きながら、花びらと格闘の昨今。

ライオンズ役委員任期も15日位と先が見えてきた。

昨日は、第4回キャビネット会議が開催された

前期の役職者からは、労いの言葉と共に「慣れた所で

もう一年」と冷かしの言葉が飛び交う・・・が、国際

大会が630日から74日ライオンズ100周年記念で

ライオンズ発祥の地、アメリカ シカゴでの開催

此処までが任務であるが、会計は630日年度締めであり、

次期のキャビネット会議で会計報告までの責務が残っている。

思えば、内託して数か月に家内の死亡に見舞われ、会社の事等が

重なり、日々懸命に過ごしてきた・・・

振り返ればあっという間の2年間歳月であった。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-06-15 14:48
2017年 06月 01日
御礼の手紙

5月8日に母校裏館小学校三年生の「三条祭り天狗様について調べよう」の

表題で、講師としてお伺いし子供たちの知りたいこと・質問に答える授業に伺ったお礼の手紙が25日に私の手元に届いた。

漸く昨日開封し、三冊の綴じ込みを拝読・・・

文面から察するに、15日の祭り現場を(実際の天狗様)見ての言葉が多く

書き留められていた。

かっこ良かった・衣裳が重たそう・天狗の面が怖かった・悪魔を踏みつける為、足駄を高く強く歩いていた・「自分も天狗様になりたい」と喜ばせる

言葉もあった。

拝見しながら、自分が3年生の頃、どんな文章・どんな文字を書いていただろうか?と振り返るが容易に思い出せない。

しっかりとした文章、文字の形、バランスのとれた良い文字・・・3年生でこの様な文章を書く人は・・・私たちの当時では「学級委員」クラス頭の良い子供達かと想いをめぐらす一時でした。

6月末、ライオンズクラブ100周年節にシカゴで国際大会が開催される。

縁があり参加する機会を与えていただき、生来初めてのアメリカ旅行と考える時、何処にも連れて行かなかった妻に、何かし申し訳ない気持ちが込上げる

元気に存在していたら・・・と考えるがもう遅かった。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-06-01 09:11