<   2017年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2017年 07月 24日
夏枯れ

全国的に今年は暑い日が続いている。

当地はまだ梅雨明け宣言は報じていないが、素人の感では

近々か?と思う。

此の暑さでは、いけばなも持ちが悪く、必然的に剣山の

購買が急速に下降線を描く。

関東圏は梅雨明け宣言が発表された様である。

盆栽アルミ線も梅雨明けと共に商戦は一服となる。

毎年の事ながら頭を痛める季節・・・

昔から「夏はアイスクリーム・冬は焼き芋屋」に変身できれば

年間忙しく良いものか?と思うがそうはいかない・・・

与えられた仕事に打ち込み、頭を使い、賢い経営者にならなくては。

昨日、創業以来お世話になっている会社の営業マンが、一報入れて

5時過ぎに来社された。

思えば、半年ほど発注を掛けていなかった。其の理由は些細な事で

あるが縁遠くなった。

此の些細な事が、私も取引先様に同じ事を繰り返していないか?と

反省をする。

昨今はメール等で連絡が取れているが、人と人の対面対話も大事である

と考えると、「若い人はそんなこと考えていない、面倒くさい」と言われる

節もあるが、対面会話は絶対に必要なものでありたい。

動作・身振りから読み取る六感が必要なものである。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-07-24 10:16
2017年 07月 14日
優良企業の作業現場見学

以前に当クラブに席を共にしていた○○企業の工場見学が13日実施出来た。

目的は「働き改革」の法案が実施されると、零細企業であっても法律は守らなくてはならない。

今までは「当社は小規模だから・・・」と言いながら、曲がりながらも今日まで

企業として生きてきた。が労働人口の減から、色々な歪が表面化し、過労労働を

法律に基づいて改善されていく。

今や、親方が一人、馬車馬になって、がむしゃらに走れば良い・・・では済まない時代になってきた。

そんな思いと、当社の後継者問題・雇用問題等を考えるとじっとしていられず

○○会社の技術顧問役、○○氏に世間話から話が弾み「当社の生産省力化にアドバイスを」と持ちかけると「その前に当社を見学しては」と話が進み工場見学が実施された。

ただ、「社員に○○企業見学に行くぞ」では闇雲の話であり、9時から工場見学の趣旨を説明して出かけた。

市内でも優良大企業と、零細企業の自分たちとは本末転倒であるが、法律は小さいから「許す」ことは無い。

また、職場を求める求職者は他社と比較し選択する、今勤務している社員も当然として、新しい法律に追随して、働く環境を作り直さなければならない。

其の一歩として「給料原価計算を理解する」ことから説明して、工場見学に向かった。

技術顧問の方が、社内を引率しながら説明をして下さった。その後、会議室にもどり、補足説明と質疑応答に入り、当社社員からも積極的に問いを掛けてくれた。

其の光景を見ながら「社員も気を入れて勉強になったか」と胸を撫ぜおろし、明日の改善策が練られることを切望してきた一日であった。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-07-14 10:59
2017年 07月 12日
空梅雨か?この後が怖い・・・

九州地方を襲った集中豪雨、日を追って今回の豪雨のメカニズムを

専門分野の方々が色々解説されているが、根本的に日本列島の島自体の

地形がなしているようである。

被害に遭われた方々の不安・今後の生活基盤の相談に心優しく接して欲しいと

願うと同時に、被災者と地域住民の絆が深まることを祈りたい。

当地も1日から5日まで雨降り続きで、3日は非難準備警報が発令されたが

大事にならず・・・と帰国後耳にする。

打って変わり、7日9日は猛暑続きで「熱中症注意報」が三条市の防災システム

から知らしめられた。此れで梅雨明け・・・とはいかないであろうが、今日

10日も猛暑日、アメダスによると三条市最高気温33.9度今年の最高気温を更新。20世紀末から夏の高温化がより進んでいる様だ。

空梅雨かと思わせる昨今のお天気・・・だが当地三条は十数年前の水害は7月13日、十年前の下田地域の豪雨災害は7月29日であった・・・気は許せない。

自然界の事であるが、バランスを取ってくれるものはないものか?

此の季節は植物にとっては大事な成長促す時期であり、実りを左右することも

有りと言う事を耳にした。

人間にとっての都合ばかりでなく、何千年の営みに自然界と共に暮らしてきた

此の地球・・・バランスを崩したことが人間で有るなら・・・征伐を受けなければならないのか?


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-07-12 09:40
2017年 07月 10日
6日間の留守

ライオンズクラブキャビネット三役最後の仕事として

次期地区ガバナーエルクトがガバナーになる認証式に

参加。

今年、ライオンズ誕生100周年を記念して、発祥の地

アメリカシカゴで国際大会が開催。

小生にしては、アメリカ国は初めてこと、出発前に何かにと

考えながら準備をしておいたが、言葉はどうにもならず、仲間に

助けられ、添乗員に助けられての珍道中。

73(現地日付)の一日観光に参加。ライオンズ本部を訪問し

ライオンズを提唱人、メルビン・ジョウンズ氏のお墓見学等々を

見学してのバスツワー・・・どこの観光地に行ってもあふれる程の

人混み(アメリカ独立記念日)と重なり。

男女問わず大柄な体格(中高年者)に圧倒される。

頭の隅に「会社はどうであろうか?」と思うが時間が合わず・・・

連絡も取らずに6日間の旅。

東京で一泊しての6日午後から出社し、早速にして各部署からの

報告と確認作業が始まる。

思えば創業以来の留守であった・・・それぞれの担当役割を熟してくれていた

が、細部の事はゆっくりと考え、今後の課題として柱を立てなければと

自社を見つめる良い日であった。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-07-10 09:19