<   2017年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2017年 09月 29日
世代交代・・・事業承継

北朝鮮の金正恩と・アメリカ大統領・トランプ氏の危険な罵声が静かになったと思いや、国内の政界が混とんとしてきた。

政界は「一寸先闇」と言われていたが、私から見ると正に「自分の都合」ありき。

我が新潟県の五区には、前県知事の泉田氏が自民党推薦で、故郷の4区加茂市から離れた選挙区での立候補・・・政界では通用する常識であっても・・・

投票するのは選挙区の有権者である。

国政を預かる以上は、何処の地域でも公平・平等に審議する国会議員・・・でも、議員を選ぶ有権者は、大なり・小なり地元に優位を図ってくれてナンボと考える。

あの、田中角栄氏も「郷土を良くしなければ、選挙に勝てぬ」「私を投票する人は、選挙区の皆さんです、東京の人は私を選べないのです」と語られていた。

10月22日の結果がどのようになるか?

国会がバタバタしている時、隙間を狙う曲者が来なければいいが・・・。

先日、我が身に迫った諸問題の予備知識として、二つの講演会・勉強会に参加。

事業承継セミナーと人材確保対策セミナーを受講する。

事業承継セミナーの第2部の「親の理想、社員の希望と子の現実」をテーマーに講演された()大谷 代表取締役 大谷 尚子氏の講話に感心させられた。

以前にも触れているが、私も娘一人で後継者を考えている一人として、後援された大谷氏のような考えを持ってくれたらな・・・と思いながら講話を聴いた。

 

夜の部は、三条工業会主催「人材確保対策セミナー」に生産部長と公聴。

会場に入るや感じた「自分の年代は終わった」と思った。

挨拶する相手は、私と同年代の、二世30代から40代半ばの若手が声を掛けてくれていた。

講師の会話中にも、ウエブサイト・ユーチューブの言葉が飛び交い、活用を解かれていた。

講話の中には「私も実行した・私も体験してきた」と自問自答していたが、今は

即実行、先手必勝と文明の力を活用しての基本を解かれていた。

同感しながらも、世代交代が急務を諭された。

久しぶりのいけばな教室に行き、秋を感じる花材となった。

e0232077_11090741.jpg
小さな秋
e0232077_11094896.jpg


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-09-29 11:10
2017年 09月 28日
大先生の言葉

一年の気候で好きな季節、初秋であろうか・・・

寒くもなく、暑くも無く、湿気も無く正に快適な気候。

当社の決算数字が整い、21日会計事務所に伺い、説明を頂いたが、

先生は90才を過ぎられ、触りの部分を述べられ担当者に細部の説明を

委ねられた。

此の期の内容は総合的に「頑張ったね」の数字が並んだが、当社は3

柱を軸に稼働をしているが、一本の柱が思いに任せず減少を余儀なく。

と、言って他の2本がどれほど良かったと言うことより、経費節約と、作業の見直し等が現れて来たのか?

大先生が曰く「在る社長さんが、営業社員の成績が上がらず、自分が営業に回り社員より数字が伸びたが、結果はマイナス・・・其の社長さんは大事な仕入原価を知っていたが、販売管理の原価計算を頭に入れていなかった」と説明。

昔も今も商売の基本は変わらないが「手法」を間違えないようにと諭される。

話が変わるが、当社社員同居御爺さんが見当たらず、探す為遅刻との連絡が入る。

2時間ほど遅れての出社・・・「どうした」と声を掛けると「屋根裏に潜んでいた」と爆笑であったが「痴呆症表情からの行動か?」で明日病院診察との事。

以前、御爺さんの年は?問い合わしたとき、私と同年であったと記憶しているが

私も何時そのようになるか?又、仲間の直腸がん手術の結果も気になるところ。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-09-28 11:08
2017年 09月 20日
打ち合わせなく・偶然の同役に苦笑

9161718日の休日も台風18号に振り回されての三連休日

予想では新潟県を狙っての進路予想・・・

気になる一つは17日姪子の結婚式、会場は新潟市内でしかも、海岸近辺での

会場。式は130分、台風の速度が速まると困ったものと、台風予報、進路確認と・・・式場の送迎バスに時には強い風が吹き付け、バスがゆらり。

会場場に入れば風の音も消え、華やかな雰囲気に呑まれてしまった。

思いもよらぬ出来事が起こった。

親戚紹介の席に、新郎側席に、我がクラブ会員L土田儀一氏夫婦が列席、相手の土田氏も「あっれ、石﨑どうして・・・」とあっけにとられての顔合わせ。

式次第が手元に無く、司会者の進行に「新郎勤務先の○○様御祝辞をお願い致します」と進む中に、「新郎親戚代表として土田儀一様よろしくお願い致します」の声に二度びっくり・・・

其のあと、人を入れず「新婦親戚代表石﨑勝海様」とアナウンスが掛かり、土田氏が何で・・・と、ばかりに私を見・・・あっけにとらわれた顔が脳裏に走り、苦笑の一場面が起こった。

式次第が手元に有ればそれなりに気もせずに、土田氏と笑い談義になったであろうが、司会者の指名で初めて知ることが此の偶然が、一生二人の間に話題になるであろう。

祝宴の席にも声を掛けあい「どうして?とうして?」の珍問合戦。

打ち合わせなく、偶然の同役に苦笑しての結婚式。

18日は昨夜からの台風の影響で「子供大名行列」中止の案内が入る。

楽しみにしていた子供たちは、108日延期とのことで楽しみは先送りになった。

8月末に締めた社内アンケート、提案を出来るところから手をつけ、改善整理

が進められ始めた。

廻りに急かされ自身の近辺も同じ様に整理を進める。

中には「こんなもの」と思うもの、数年前の口座一覧表等が眠っていた。

平たく言えば、これも歴史の跡か?如何にせよ時効を過ぎた物は整理しなければ・・・。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-09-20 10:45
2017年 09月 12日
完璧とは・・・

北朝鮮の行き過ぎた核開発、金正恩朝鮮労働党委員長は「核大国、軍事強国のさらなる強化」と世界を騒がしている。

戦後七十年有余、日本は平和主義を唱えて此処まで成長してきたが、目の前の国が軍事強化を盾にして、自身の地位を守るのか、権力が欲しいのか?

平和的に考えると、北朝鮮の国民が自身の生活を金正恩に訴えてこそ・・・と私は思う。

逆らえば、銃殺刑に合うであろうが、一人でなく国民が一堂に目覚めて欲しい。

最近、自分も何かに追われるがごとく気忙しさを感じている。

二年間の空白かを取り戻す気持ちか?伝いたいことが多々あるが・・・と焦りなのか?完璧な形で後継者にバトンタッチを描えているのか・・・

先ずは基本に立ち返え、一歩一歩と胸に言い聞かせ、仏壇の前で家内に問う昨今。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-09-12 09:21
2017年 09月 11日
楽を優先した罰当たり

99日、漸くシルバー人材剪定班が自宅庭の剪定に訪れられた。

実は87日、此のブログに記載したように、会社の花壇・自宅庭の花樹が

異常を期していた。

会社の花壇には、サツキ・菊が枯れ葉を装う、自宅では、フヨウ・もみじ・

ナツメ・ケヤキ等の花樹が枯れる様子が見えていた。

時に思っていたが・・・

我が家に数十年縁があり、犬を飼っていた。朝晩の散歩、トイレは庭を中心として用事を済ませていた。

時期になると、庭には取りきれない雑草との格闘が毎年繰り返されていた。

不幸にして、我が社のアイドル「さくら」が44日に事故死に合い、犬もいなくなり、雑草との格闘を思うと除草剤を散布したのであった。

除草剤の水分を良く理解して使用するべき所、店員に聞きながら「私はこれを使っています」の言葉に同調しての買い物。

早速にして散布・・・鬼の首を取ったかの勝鬨を胸にしての日々。

8月自宅の「フヨウ」に異変が見えた・・・気が付けば、会社の花壇の花樹にも

異変が起きていたが、「夏の暑さに負けかけた物か・・・」と勘繰り、以来朝晩の散水を心掛けていたが後祭りであった。

でも、プロの目ではどうかと首を長くして、シルバーの主任を待っていた所。

概要を説明すると同時に「除草剤の影響」と判断下される。

解決方法はと尋ねると「油粕を蒔きなさい」との助言で、早速油粕を購入しての散布。

雑草中心に除草するつもりが・・・「水に溶け周辺に影響を及ぼす事を認識しなければ」・・・子供でも分かること・・・楽を優先した罰当たり。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-09-11 13:36
2017年 09月 07日
天候不順

6日、日中は陽がさし爽やかな一日であった。

午後から個人的な要件を済ませ、気になる会社に訪問した。

社長さんと世間話から、昨今の市場をお聞きした。

園芸品を主体とする企業さんの言葉は「何処もかしこも、雨・雨の影響で

小売店では、客足も見えず」と旅先の概況から話され「困ったものだ」の

嘆きの会話。

此の言葉に乗せて「当社も同じです、卸業の皆さんからの注文に生きている

私どもは・・・概況をしっかりと認識しながらのやりくりですて」と言葉を

交わし、席をたった。

夕方、旅の仕入先が訪問され(来社予定あり)、やはり概況話になる。

此処にも[天候が悪く伸び止む]の言葉が先行している。

商工会議所の「景気状況調査表」に目を向けながら、今日の二社の言葉が

脳裏に残り、自社の前年同期・此処3か月の見通し等の質問にも少々迷いが走る。

自社の実績は数字で残るが、今後の見通しとなると・・・。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-09-07 10:17
2017年 09月 05日
二ツの眼と十六の眼

昨今、朝晩の空気が冷たく感じてきた。

顔を洗うにしても、水が温く感じる事もあり、温水器スイッチを忘れたか?

と疑う程に水温が感じた。

自宅隣接の田んぼの稲刈りが2~3日前から始まった。

「裏盆過ぎると秋風が吹く」と親たちの言葉が思い出させられる昨今。

盆休み前に社員に宿題を出した。

「政府が進めている働き改革等から、一秒・一分・一歩の短縮と作業効率化に対して気が付くことを挙げて下さい」のアンケートを実施し、831日締切日。

91日全員の投函が済んだ。2日アンケートをチックした。

2年前、家内が思いもよらぬ病に倒れ、40日の闘病生活でこの世を旅立ち、

その後、ライオンズクラブの役職で奔走し、二年の歳月があっと言う間にすぎ

会社の隅々に目が届かず、ふっと我に返り、社長の私は今何をしなければならないのか?原点に立ち返りこの様なアンケートも必要であった。

私の目だけでは、計り知れない点が幾つかあった。

4日の朝礼にも、これらに振れて「早急に対応しなければならない点、急ぎたくとも予算の掛かるものは、少々時間と計画を立ながら進めたい、又、私の年齢を加味して、後継者の心配までがあるが、一歩一歩進めている」の見解を示した。

7月決算の内容も気になるところ・・・。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-09-05 11:55