<   2017年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2017年 10月 31日
木枯らし一番&時雨時期

10月21日22日の台風21号に続き28日29日と22号の台風に見舞われた日本列島。

地元三条市は昨夜から強風が吹き、今朝の出勤時は風雨に見舞われ、午前中は寒い北風に煽られ木枯らし一番を感じさせられた。

先週の「燕三条ものづくりメッセ」は天候にも恵まれ、来場者数も過去に無い賑いを見せたようである。

当社もお蔭で(NHKニュース)の報道もあり、ブースに立ち寄られる人たちから

「ニュースで見たから」の声が聞こえ、新潟市からの夫婦・長岡からと言う人たち、マスコミの力を感じさせられる展示会であった。

ここからが当社にとっての営業活動である。

問われた内容を加味して、如何にホロー出来るか?の体制、営業と打ち合わせて一歩一歩前進するのみである。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-10-31 10:57
2017年 10月 27日
NHKのローカルニュースに・・・

爽やかな秋晴れの中「燕三条ものづくりメッセ2017」に過去最多251社での開幕。

当社も3年連続で出展。過去2回は私が指揮をとり展示したが、今年は営業の栗山に一任。

先週は大阪勧業展に参加しての、二週に渡っての展示会。(お疲れ様)

展示会に早く行き、会場見学と考えていたが、幸いか・不幸か27日指定の注文が入りその作業に追われ、会場に伺ったのは2時過ぎになった。

受付の顔しりに「お昼のNHKローカルニュースに石﨑剣山さんの商品が流されましたよ」と声かけられたが、昼食はテレビの無い事務所で食事を頂く為、ニュースは見れず、と同時に「箸を置くと昼寝」が私の生活。

当社のブースを訪ねると、それなりの複数の人が見学方々声を掛けられていた。

早速に、音響の仕組みを説明し、体験としてカークリコの葉一枚取出し、音響の軸に合わせ、メロディーを聴かせると「これ何・・・凄い・・・」と驚く。

NHK NEWS WEB

燕三条の最新製品紹介する展示会

ものづくりが盛んな燕三条地域の技術をアピールしようと、最新の製品を展示する催しが26日から三条市で開かれています。

この催しは三条市や燕市などが出資する公益財団法人がひらいたもので、会場となった三条市の燕三条地場産業振興センターでは地元の金属加工メーカーを中心に251の企業や団体が最新の製品を展示しています。

このうち生け花などに使う剣山を製造している三条市の会社は、植物の茎に取り付けたパイプや剣山を振動させて植物の葉や切り花から音を出す「生け花のスピーカー」を提示しています。

また燕市でヤスリを製造する会社は、職人が手掛けた最新の製品を展示するとともに半世紀以上にわたってヤスリづくり一筋という92歳の女性職人がヤハリで爪を磨いてくれる体験コーナーをもうけています。

燕三条地場産業振興センターの椿宗久技術開発課長は「この展示会を通じて燕三条地域の企業には全国、そして世界にはばたいてほしいと期待しています」と

話していました。

e0232077_09353186.jpg
e0232077_09370425.jpeg


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-10-27 09:22
2017年 10月 24日
この時期に超大型台風

総選挙投票日に超台風が日本列島を見舞う

この時期にと?首を捻るが昨今の異常気象と思えば・・・有かな。

総選挙結果も昨日の開票前から「当落」のニュースが流れていた。

出口調査・無差別での世論調査等で開票前にして当落が報じられる昨今。

思えば、安倍首相の解散時期を的確に掴んでの事であったか?

野党の乱れを把握していたのであろう。

それにしても、一強独裁にならないように国民として見守らなくては・・・

小泉進次郎氏が言われていた「地方の住民・野党の政策にも耳を持たなければ」と、国民目線を大事にしている議員もいる事にほっとした。

新潟は今朝の4時前から台風の影響が出始めた。

風雨の中、朝刊が届く・・・ご苦労様と胸中で感謝の言葉掛けをして、新聞受けから取り出す。

此の雨風に新聞が濡れ少々見づらいが目を通す。

風雨の強さを示す様に庭を始め、玄関前道路には風に飛ばされて木葉の舞踊

跡が・・・。

道路が乾燥してからの後始末・・・台風の置き土産。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-10-24 15:15
2017年 10月 20日
気遣いの言葉
秋も深まる程の冷え込みが感じる昨今

人間の欲目か?自身だけの欲目か?人様の柿の実が大きく目に写り、自分所の柿の実は小さく感じる昨今。

陽に照らされる柿の実は、秋の絵になり収穫の時期を督促している。

SGETグリーン発電所(木製バイオ発電所)の竣工式・見学会及び祝賀会が17日に開催され、団地内企業の事でもありと参加した。

自身は初めての工場内見学であった。

当然にして、敷地面積の大きさ、設備の大きさ、社内のコンピーゥター管理等は一流の物で有ると説明を受けたが・・・私の目は燃焼した灰の処理等に目を向けての見学である。

発電所の敷地内は、やはりかなりの騒音が響いている。

8月試運転から今日まで操業しているが、10tトラックの往来には今後問題が生じる感がある。

扨て、祝賀会の挨拶には、建設関係者や金融機関の祝辞があったが、耳に残るのは国定三条市長の挨拶であった。

開口一番に「今だから言える事として、保内出身市議○○氏と○○氏のお力添えと、団地内の各社のご理解の上に今日を迎えられた」と言葉を発せられた。

祝賀会の宴席にも、国定三条市長はいち早く、私どもの席に足を向けられ懇談を取られた。

「此処まで来るに市長として顔を出す事を控えていたが、その後問題がないだろうか?」の気遣いに尖っていた胸中も少しは丸味が感じた。

10tトラックの走行による道路の傷み・冬場の雪道・大型車の圧雪等が予測されことが懸念します」と私は国定市長に述べた。

三条市が誘致しての団地造成・企業誘致大きな問題ならぬこと祈る。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-10-20 15:28
2017年 10月 17日
菩提寺のお手伝い

何かと気忙しさに追われている。

13日~15日の宗祖750回忌・本堂改修奉告・前住職33回忌・報恩講の行事お手伝いに頼まれた日々。

菩提寺「善性寺」は父親から聞かされていた話では「甲州から七人の墜ち人として住み、福田氏(善性寺)が「私は坊主になるから」と六人の檀家、菩提寺とし立ち上がった」昔話を聞かされていた。

そんな縁も有りか、又、先代住職時趣味が共通して、ソフトボールを楽しみ、住職がソフトホール協会長に就任され「強いチームを作り、三条市から北信越大会に駒を進められるチームを希望する」との挨拶で、此の言葉に自身が燃え上がり、会長の言葉を現実化として北信越大会に新潟県代表として名を挙げた。事が思い出される前住職の法要。

どの行事を一つ一つ拝見するに過去に視る、遭遇することの無かった舞台であった。

この様な大舞台を設営された現住職の力量を高く評価したい。

此処に大事な紹介がなされた。

3日間とも娘夫婦(吉沢 瞬・灯~次期後継者)の紹介が披露された。

菩提寺を守る、寺を引き継ぐ勇気・・・彼は一般家庭人からの出家となる。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-10-17 09:14
2017年 10月 11日
伝統を次世代に

以前は「良寛さまと遊ぼう」と謳っていた行事が、平成二十一年に金山神社の屋根改修工事時に、かつての子供大名行列の衣裳や道具が発見されたことから、三条祭りの伝統を次世代に受け継いで貰いたいと、数年前から手伝うようになった。

此の流れから「子供大名行列」と称した行事になってきた。

今年は九月十八日の予定が、台風18号の影響に日延べになり109日に執り行われた。

子供達には34回の練習を熟し本場を迎えた。

本祭りとは足駄の高さも、衣裳の重さも可なり縮小と軽量を施してあるが、当事者にしては緊張感と不慣れな装束、天狗様の歩き方等で頭の中は真っ白であろうと、経験から想像した。

ここで過去に無い問題が起こった。天狗役に女の子二名が手を挙げてくれたが、天狗は男子と言われているが・・・と主催責任者から相談が入る。

受け付けたならお断りも難しい所・・・一時間ほどしたら男子二名が参加希望と申し込みが有り受け入れる事にした。

道中距離も長いこともあり、交代場所も四か所・・・割振りすれば四名も然り。

扨て、衆議院議員選挙の告示が切って落とされた。

8日電話で「今回の選挙についてお尋ね」とコールが有りお付き合いをしたが・・・

私から見れば「先生方のご都合選挙」と言うしかない。

解散権は首相の特権でもあるが・・・野党も一ヶ月経たずに意味不明な行動。

前代未聞的なこの選挙、正に何が起こっても不思議でない選挙。

主権は選挙民・国民であるが・・・先生方の詭弁に惑わされる私。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-10-11 11:03
2017年 10月 10日
活気づく燕三条・・・乗り遅れないように

おはようございます、85分ブログを書きはじめていたら電話が鳴る。

社員からの一報「頭が痛くて起きられず、休まして下さい」の報告。

825分もう一人休暇願の電話が入る「風邪を引いて」の言葉・・・

23日寒さがつのり体調管理が・・・。それにしても私は元気、

自分の記憶では、今日まで2日として床に伏せる事は小学校時代からも皆無の男、バカは風邪を引かない諺が自分に有るようだ。

爽やかな秋晴れの日に、燕・三条地域は多彩なイベントが開催

今日5日~8日までKOUBA(こうば・・鍛冶屋)を訪ねて、ものづくりの

体験が開催。

一方では56日の2日間、燕三条トレードショウ2017が開催される。

6日からは、三条の繁華街では「本寺小路あかり物語」が開催と、祭り気分の日々が開催。

5日、トレードショウに足を運んだ。

地元の事でもあり、会場に入るや「久しぶり」「石﨑さんも出展している?」の

声掛けがで館内を拝見。

館内には外国からのお客も見受けられた。特に燕の産業界は「洋食器等が盛んな町でもあり納得」と思いや、三条製品も(包丁・花きりハサミ・刈込)等の製品が海外に進出して、引き合いが盛んであると言われている。

国内市場が閑散としているが、早くに海外に市場を求めてきた成果が実を結び始めて来たのであろうか?と考えさせられる。

夜はライオンズクラブの先輩L加藤嘉英のお通夜に参列し御焼香する。

九十歳での旅立・・・若き頃は銀行マン・退職後ガソリンスタンド等を手掛けられ、昨年まで車に乗り当社にも見えられ「寒くなり灯油を頼むの」と声を掛けていた人であった。気丈な先輩を見送る通夜式。ご冥福を・・・。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-10-10 13:24
2017年 10月 04日
三回忌法要
燃えるような彼岸花が凋みかけ、コスモスが咲き乱れる平成

15103


午後448分に妻は永遠の旅立。

2年がこんなにも早いものか・・・と振り返り930日に妻の三回忌を営んだ。

前日からお墓の清掃、30日早朝にお花を添えて、親戚、妻の兄妹を迎えて法要を営んだ。

菩提寺の懇ろな読経も終わり、妻の眠るお墓に手を合わせ、お斎の会場へと移動。お斎前の挨拶に、二年前の病に伏せる状況を手短に振り返り、旅立つ一週間前、娘が「母さん今日から寝止まってあげようか」の声掛けに妻は頷く。

「そんな娘に感謝しています」と、親戚皆さんを前に娘へ感謝の言葉を述べると

胸元に熱くなるものを覚える私でした。

e0232077_15323883.jpg

そして今日103日が、正月正日で夜の予定は入れないで置いた。

今朝も何時もの事ながら手を合わせるに、改めた気持ちで戒名に目を奪われ

釈尼知恩を偲ぶ。

30日に添えたお花も先ほど取り込み、帰宅後改めて仏壇に再度手を合わせよう。

娘は、仕事上で東京出張が重なり、帰宅は遅いと昨日から言い渡されている。

今日の夕食は、一人で妻に語りかけての夕食になるか・・・。

e0232077_15340646.jpg
庭先の柿も色づきはじめました。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2017-10-04 15:35