<   2018年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2018年 02月 27日
雪は水源の源、宝物

前回のブログ頭言葉に「今日は」と書いたが、ひらがなで書くと「こんにちは」と書いたつもりが「今日は」(きょうは)と読まれるとツリツマ合わず思わず苦笑してしまった。

10日有余、雪も無くやれやれの言葉が交わされる昨今。

1月末から2月上旬の日々、起きるとまずは降雪の状況を確認し朝の行動と仕事の状況を一瞬にして考えて一日の始まりであった。

屋根の雪下ろしを依頼して「庭に雪を落しても良いよ」と了解していたが、雪解けと共に庭木が見え始めたら、冬囲いも下ろした雪に負けてしまい、23本の枝が折れていた。思わぬ量であり仕方がないものか?と諦める雪の跡。

うんざりの雪で有ったがふっと思い出す言葉があった。

67年前ライオンズクラブの会長就任時、冬季派遣生受け入れ時、降雪があり受け入れ生にこんなことを言った事が思い出された。

「この雪で歩き悪いでしょうが、遠くに見える山々の雪が、春になり雪解けとともに、田畑を潤す大事な水源です。新潟県・三条市も雪のお蔭で真夏の水不足は起こりません」と雪を自然界の宝物として話したことが思い出す。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2018-02-27 15:45
2018年 02月 22日
買い徳な車?

今日は、暫くブログを休んでおりました。

体調が悪いことではありません。先週は、13日(火)から4日間、新年会の連ちゃんでした。

一次会で帰宅せず、主催者変われば人も変わる、変わらないのは自分だけ。

その日、その場の良き仲間に声を掛けたり、掛けられたりの日々であった。

16日、以前から話が出ていた「中古車」が手元に届いた。

謳い言葉に「トヨタが誇るハイブリッド技術をコンパクトサイズにギュツと凝縮。小型・軽量・高効率化を極める事で、世界のハイブリッドカーの先頭に立つ超定燃費を現実いたしました。」の言葉より、75歳ともなれば最後の車チンジであろう。

元来、車には無関心で、ガソリンを詰め、雨に当たらず目的地に着けばOKの感覚で居たが、齢と共に感覚も衰えるであろうし、スリムな車が良いかも?の考えで購入。

今まで、プレミヨを使用していたが「ハイブリッド」とかと言われると、今までの感覚とチョイト違い、少々戸迷いも感じての走行。

中古車と行っても、僅か15000キロの走行車。信頼を置いている業者の紹介

廻りから「お買い得ね」と言われれば、買い徳な車であったと思っている、此の後は以前に増して、慎重運転を心がけよう。(免許書はゴールドです)

e0232077_09265220.jpg
e0232077_09275751.jpg
今日は朝から天気も良く雪解けも進んでほしいところです。



[PR]

by ishizaki-kenzan | 2018-02-22 09:30
2018年 02月 16日
春の兆しか?

おはようございます。

今週は三条市内で圧雪の除去作業が、急ピッチに進められていた。

此処3~4日、雪も小康状態であり、気温も7~8度と温かみを感じられている。

漸く雪から解放されるのか?・・・。

先日、市内の金物卸業の方からの会話で「3~4年寝かしていた除雪用品が一掃された」と聞く。

品薄と情報が囁かれると、お店から2~3割増しの注文が入るが・・・春になると「売れなかったから」と言って返品が来るそうで、そのコントロールが難しいと語られ商売の難しさが見えるが、眠っていた物品が一掃されれば、春物商品の置き場所が確保され、早めの機動きに期待したい。

当社も1月は近年にない下落状況にあったが、今週に入ってからの受注数量が少々増してきたかと感じられる。

どこかで、春を待っている空気が流れ始めた物か?


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2018-02-16 11:19
2018年 02月 13日
春よ来い、早く来い


私の2月6日~9日の朝・夕の行動。

5時30分起床、窓越しに前の車庫に目を向け、降雪を読み取る。

降雪の多い・少ないで道路事情を推測し娘に一声「今日は○○分に出かけるぞ」

と同時に、テレビの交通機関の発表を確認する。

娘は新潟市内勤務であり、電車の情報が必要である。

信越線始発から運転見合わせ・・・となると新幹線での通勤。

普段は10~15分で燕三条駅に着くものが、降雪によっては時間が読めない。

7日8日は1時間30分でも駅前に到着出来ずであった。

国道8号から右折道路が凸凹と、一車線での渋滞で全く困ったものであった。

そこから会社下保内までが、またまたラッシュ時に重なりの日々であった。

夜も、燕三条駅まで迎えに1時間の時間を見ながらの生活。これが雪国の生活と割り切らなければ・・・と自答する。

降りしきる雪を見ると「屋根の雪おろし」が脳裏を走る。

込み合えば・・・と考え、業者に問い合わせると「可なり依頼を受けています」の回答。言葉に急かされたでもないが「自宅の雪下ろし頼む」とお願いする。

自宅の雪下ろしは何年振りか?

いずれにしても、会社の除雪に労をしていると、うんざり感になってきている。

でも、玄関先と垣根の雪は取り払わなければ・・・と昨夜も除雪作業。

唱歌にあった「春よ来い・早く来い」と口ぶさむ昨今。

捨て場の無い構内(2/9撮影)
e0232077_13205058.jpg
e0232077_13211763.jpg
除雪に活躍のフォークリフト
e0232077_13231558.jpg


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2018-02-13 13:24
2018年 02月 08日
想い出させる38豪雪

先週の2日・3日のお天気に気を良くして(降雪なく晴天)今年の雪もこれくらいか?と思い込んでいたら「ラニーニョ現象」とかで、6日から現在まで(7日AM

945分現)雪が降り続いている。

会社の駐車場スペースを活用しての除雪・・・もう限界にきている。

雪の話題になると、私を含め初老が語る「38豪雪」の想い出。

現在と比較にならぬ除雪力、市役所であっても、民間であっても、人界戦術しかなかった時代。

電信柱の電線を括り抜けての往来。商店街のお店は、45軒先に自社の看板を出して誘導等・・・。そんな中に河野一郎大臣が東三条駅に降り、目の前の降雪を見ながら「タクシーを頼む」の依頼に「そんな大臣を雪の中に棄ってしまえ」とヤジが飛んだと耳にした。

一方、田中角栄氏は雪国育ちで一目了解の基で「雪害対策として自衛隊を派遣」と即決に下された・・・等の思い出が口走る。

一月も雪に阻まれ業績が上がらずの月になった。

東京でも再三に渡り雪が舞う、連れて気温も56度と低温であれば、買い物客もまばらであろう推測する。

一日も早く春が待ちどうしいと切望する昨今。

今日7日は3時で退社通告を出した。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2018-02-08 15:39