<   2018年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2018年 10月 31日
見本市に追われた10月

10月もあっと言う間に過ぎ去ろうとしている。

3日・4日はトレードショウ・24~26日は三条で開催の

「ものづくりメッセ」と日にち同じくにして、水戸市で某会社の展示会に初参加と展示会に追われた10月。

私の持ち場は「ものづくりメッセ」であり、試作提案品に来客から

「剣山もこんな使いようがあったのか」?と目を引いていた。

少々評価も良く、これを製品化にするに一工夫が必要である。

相変わらず「いけばなスピーカー」は来客の目・耳を奪っているが、

単価が高く「取り扱いましょう」の掛け声は今回もゼロの成績。

関心を持った若い女性は「此の商品は都会型・田舎では無理・・・東京にアピールしなさい」と励まされる。

何かの切掛け・何かの出会い・販売方法の考案が必要で、売れる仕組みが必要か?

水戸の展示会は初めての参加であり、名前を売りながらであるが、出展者どうしで情報交換と商談が数社あったと報告。

昨日・今日と名刺整理と見積提出に追われていたら10月も後1日になっていた。

*不要になった剣山、捨てるに困っている人・・・当社では不要になった剣山を買い取り致します。お気軽に一報下さい*


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2018-10-31 13:03
2018年 10月 23日
ものつくりメッセ2018

朝晩はめっきり涼しさを通り越し寒い昨今。

地元、三条で今話題は「市長選」でなかろうか?

八十台の老人が、現市長の市政に異議を盾に、挑戦状を振り上げたが結果として上げた拳を自分で降ろした姿は、市民の目には茶番劇にしか映らない。

家族も、親戚もやれやれの気持ちであろう。

さて、24()から始まる「燕三条ものづくりメッセ2018」に当社も出展いたします。

たかが剣山されど剣山・・・剣山を製造にどれだけの設備投資・高度な技術を要していないが、日本文化の「いけばな」に欠かせない商品である。

昨今、建物の構造・若い人の考え等を考えると厳しい産業であるが、私を初め従業員の生活、剣山を取り扱う商社等の供給義務等を考えると、出展し認知していただく努力をしなければと考え出展いたします。

商品の具体的説明と、当社のみが作り出した提案商品等をアピール致します。

お時間が有りましたら、01-011小間まで足を運んでください。

きっとあなたに、感動を与えるものが一つ有ります。

お楽しみに、お出かけ下さい。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2018-10-23 16:06
2018年 10月 15日
体調の変化・気持ちの変化

ご無沙汰しておりました。

75歳の年を迎えると体調の変化も、月ごとに変化を増してきました。

9月の初めころから、歯の痛みを感じ9月29日に抜歯、左右の奥歯が無くなりブリッジ型入れ歯対応になった。

入れ歯対応して日も浅いのであろうが、舌にブリッジが触れており、夕刻になると口中が重く感じ、入れ歯を外したくなるが馴れなければと言い聞かせる日々。

9月30日三条導祖神昭三同意会90周年記念事業を執り行った。

祭り関係者と、祭り時お世話になる料亭の女将二名と会員22名の席である。

当日は、台風25号が日本海を進み、県内も暴風に見舞われる予報が朝のニュースに報じられていた。

式典は、午後3時からであり、来客者には「大変迷惑な日を選んだもの」と御叱り受ける事になろうか?と朝から落ち着かない。

来賓控室に迎えながら「雨男です、直前会長からバトンを受けての祭り2回は、雨を気にせずでしたが、後の4回は出発前、祭り途中の中止等で、雨男で今日も雨模様の様子」と挨拶言葉になった。

会員一同の協力により、記念式・祝賀会も大過なく終わることが出来た。

某氏と芸子二名を連れ出し、三次会と騒いだ・・・翌日は前夜の三次会は全く記憶に無い。

支払いが終わっていないことは分かっていたので、翌日、店に行き「昨日はありがとう」と言いながらママに声掛けたら「昨日の事覚えている」と問われたが「店に4名で来たことは分かるが、会話の内容は全くに記憶ない」と言うと「芸子の着物に水割りを溢したこと覚えていない?」と問われる。

自分の記憶でそのような、人様に迷惑を掛ける事は今まで無であった。

此れも年齢が伴ったものか?と反省しながら・・・気が付くと喉の違和感と声帯が潰れていた。年甲斐の無い遊びに罰が当たったものか。


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2018-10-15 15:45
2018年 10月 03日
難題山積

庭先の彼岸花が咲き、仏壇の花瓶に添えて飾る。

23日、娘が東京から帰りを待ちながら、愛犬の参りと(犬の墓地は新潟市)

我が家のお墓参りと奔走した。

最近、自身に何か落ち着きのない日々を感じている。

7月末の決算内容、新規商談の見積整理、30日に執り行う「三条導祖神・昭三同意会 90周年の儀」開催の最終チック等が重なり疲労感を感じる昨今。

こんな事で・・・と、気持ちを立て直しながら一日一日暮らしている。

人生先輩達が言っていた「○○の年になると」の言葉が少し解りかけてきた。

他人から見れば些細な事であろうが、自身の問題となると簡単に言えない。

万全を喫して、天命を待つか?


[PR]

by ishizaki-kenzan | 2018-10-03 15:44