2018年 03月 20日
のめしの付け
雪解けも進み、会社花壇の枯れたサツキが気になり、17日日曜日に枯れたサツキを抜き取る。

背丈は低く抑えていたが、下の根は想像以上に広がっていた。

初めはスコップで土を掘り起こして見たが、容易に抜けず考える。

機械の力、ホークリフトを稼働。根元にワイヤーを縛りホークリフトの爪にワイヤーを括り持ち上げる、スコップの何十倍の効率。

思えば、昨年の梅雨時期、雨と共に雑草の繁殖の成長に手をやいて、除草剤を散布・・・除草剤を買い求める際も「少々強力な除草剤は?」と尋ねながらの買い物。

散布時、脳裏に走るは草木の根元は避けよう・・・と考えながらの散布で有るが

サツキを抜いてみたら半径40~50センチ近くも伸びている根・・・

自分では逃げていた距離と思っていたが結果はアウト。

扨て、此の後はどうするか?一年間お休みと考えるが・・・でも、5月から当社も改善散水ホース(かるのびホース)特約店を展開するに、花壇に水撒きのポーズを取らなくては?と頭の中に綱引き。


[PR]

# by ishizaki-kenzan | 2018-03-20 10:11
2018年 03月 14日
我が社にも春の風か?

先日から毎日のように報じられているニュース。

平昌冬季オリンピックの開会式・閉会式に於いて、韓国・北朝鮮の微笑み外交。

世界を驚かした、アメリカ大統領と北朝鮮の金正恩が5月に会談が実行帯びてきた。

そんな歴史的話題が飛び交うさなか、日本では森友文書で財務省のトツプが辞任会見。

他国もこの流れを読んで、「アメリカ・北朝鮮は日本の留守に話し合い」が始ったとしたらと・・・げすな考えが走る昨今。

1月・2月と全国的に寒波が襲い、売り上げも低迷。「逃がした魚は大きい」ではないが12月分の減はなかなか取り戻せない。

それでも、先週週末から出荷の件数は伸びてきたように思われる。

特に、盆栽用アルミ線は2月と全く違った様子が見える。

漸く、我が社にも春の風が吹き込むのか?それともお店の陳列棚の清掃による穴埋めか?様子を見なければ・・・。


[PR]

# by ishizaki-kenzan | 2018-03-14 09:39
2018年 02月 27日
雪は水源の源、宝物

前回のブログ頭言葉に「今日は」と書いたが、ひらがなで書くと「こんにちは」と書いたつもりが「今日は」(きょうは)と読まれるとツリツマ合わず思わず苦笑してしまった。

10日有余、雪も無くやれやれの言葉が交わされる昨今。

1月末から2月上旬の日々、起きるとまずは降雪の状況を確認し朝の行動と仕事の状況を一瞬にして考えて一日の始まりであった。

屋根の雪下ろしを依頼して「庭に雪を落しても良いよ」と了解していたが、雪解けと共に庭木が見え始めたら、冬囲いも下ろした雪に負けてしまい、23本の枝が折れていた。思わぬ量であり仕方がないものか?と諦める雪の跡。

うんざりの雪で有ったがふっと思い出す言葉があった。

67年前ライオンズクラブの会長就任時、冬季派遣生受け入れ時、降雪があり受け入れ生にこんなことを言った事が思い出された。

「この雪で歩き悪いでしょうが、遠くに見える山々の雪が、春になり雪解けとともに、田畑を潤す大事な水源です。新潟県・三条市も雪のお蔭で真夏の水不足は起こりません」と雪を自然界の宝物として話したことが思い出す。


[PR]

# by ishizaki-kenzan | 2018-02-27 15:45
2018年 02月 22日
買い徳な車?

今日は、暫くブログを休んでおりました。

体調が悪いことではありません。先週は、13日(火)から4日間、新年会の連ちゃんでした。

一次会で帰宅せず、主催者変われば人も変わる、変わらないのは自分だけ。

その日、その場の良き仲間に声を掛けたり、掛けられたりの日々であった。

16日、以前から話が出ていた「中古車」が手元に届いた。

謳い言葉に「トヨタが誇るハイブリッド技術をコンパクトサイズにギュツと凝縮。小型・軽量・高効率化を極める事で、世界のハイブリッドカーの先頭に立つ超定燃費を現実いたしました。」の言葉より、75歳ともなれば最後の車チンジであろう。

元来、車には無関心で、ガソリンを詰め、雨に当たらず目的地に着けばOKの感覚で居たが、齢と共に感覚も衰えるであろうし、スリムな車が良いかも?の考えで購入。

今まで、プレミヨを使用していたが「ハイブリッド」とかと言われると、今までの感覚とチョイト違い、少々戸迷いも感じての走行。

中古車と行っても、僅か15000キロの走行車。信頼を置いている業者の紹介

廻りから「お買い得ね」と言われれば、買い徳な車であったと思っている、此の後は以前に増して、慎重運転を心がけよう。(免許書はゴールドです)

e0232077_09265220.jpg
e0232077_09275751.jpg
今日は朝から天気も良く雪解けも進んでほしいところです。



[PR]

# by ishizaki-kenzan | 2018-02-22 09:30
2018年 02月 16日
春の兆しか?

おはようございます。

今週は三条市内で圧雪の除去作業が、急ピッチに進められていた。

此処3~4日、雪も小康状態であり、気温も7~8度と温かみを感じられている。

漸く雪から解放されるのか?・・・。

先日、市内の金物卸業の方からの会話で「3~4年寝かしていた除雪用品が一掃された」と聞く。

品薄と情報が囁かれると、お店から2~3割増しの注文が入るが・・・春になると「売れなかったから」と言って返品が来るそうで、そのコントロールが難しいと語られ商売の難しさが見えるが、眠っていた物品が一掃されれば、春物商品の置き場所が確保され、早めの機動きに期待したい。

当社も1月は近年にない下落状況にあったが、今週に入ってからの受注数量が少々増してきたかと感じられる。

どこかで、春を待っている空気が流れ始めた物か?


[PR]

# by ishizaki-kenzan | 2018-02-16 11:19
2018年 02月 13日
春よ来い、早く来い


私の2月6日~9日の朝・夕の行動。

5時30分起床、窓越しに前の車庫に目を向け、降雪を読み取る。

降雪の多い・少ないで道路事情を推測し娘に一声「今日は○○分に出かけるぞ」

と同時に、テレビの交通機関の発表を確認する。

娘は新潟市内勤務であり、電車の情報が必要である。

信越線始発から運転見合わせ・・・となると新幹線での通勤。

普段は10~15分で燕三条駅に着くものが、降雪によっては時間が読めない。

7日8日は1時間30分でも駅前に到着出来ずであった。

国道8号から右折道路が凸凹と、一車線での渋滞で全く困ったものであった。

そこから会社下保内までが、またまたラッシュ時に重なりの日々であった。

夜も、燕三条駅まで迎えに1時間の時間を見ながらの生活。これが雪国の生活と割り切らなければ・・・と自答する。

降りしきる雪を見ると「屋根の雪おろし」が脳裏を走る。

込み合えば・・・と考え、業者に問い合わせると「可なり依頼を受けています」の回答。言葉に急かされたでもないが「自宅の雪下ろし頼む」とお願いする。

自宅の雪下ろしは何年振りか?

いずれにしても、会社の除雪に労をしていると、うんざり感になってきている。

でも、玄関先と垣根の雪は取り払わなければ・・・と昨夜も除雪作業。

唱歌にあった「春よ来い・早く来い」と口ぶさむ昨今。

捨て場の無い構内(2/9撮影)
e0232077_13205058.jpg
e0232077_13211763.jpg
除雪に活躍のフォークリフト
e0232077_13231558.jpg


[PR]

# by ishizaki-kenzan | 2018-02-13 13:24
2018年 02月 08日
想い出させる38豪雪

先週の2日・3日のお天気に気を良くして(降雪なく晴天)今年の雪もこれくらいか?と思い込んでいたら「ラニーニョ現象」とかで、6日から現在まで(7日AM

945分現)雪が降り続いている。

会社の駐車場スペースを活用しての除雪・・・もう限界にきている。

雪の話題になると、私を含め初老が語る「38豪雪」の想い出。

現在と比較にならぬ除雪力、市役所であっても、民間であっても、人界戦術しかなかった時代。

電信柱の電線を括り抜けての往来。商店街のお店は、45軒先に自社の看板を出して誘導等・・・。そんな中に河野一郎大臣が東三条駅に降り、目の前の降雪を見ながら「タクシーを頼む」の依頼に「そんな大臣を雪の中に棄ってしまえ」とヤジが飛んだと耳にした。

一方、田中角栄氏は雪国育ちで一目了解の基で「雪害対策として自衛隊を派遣」と即決に下された・・・等の思い出が口走る。

一月も雪に阻まれ業績が上がらずの月になった。

東京でも再三に渡り雪が舞う、連れて気温も56度と低温であれば、買い物客もまばらであろう推測する。

一日も早く春が待ちどうしいと切望する昨今。

今日7日は3時で退社通告を出した。


[PR]

# by ishizaki-kenzan | 2018-02-08 15:39
2018年 01月 31日
遅まきながらの新年会

社内新年会は、一般的に新年早々がお決まりだが、12日・13日と

県外の得意先新年会、出かけた足で関西地方の新年の挨拶。

23~26日と関東の得意先見本市と、私の対外的新年会と重なり、漸くにして27日に開催となった。

来客2社の社長様を迎えての席となり、40代社長乾杯で始まる宴席。

何時もの様な会話の中にも、40代の社長が入ると何かし話題も若返る。

29日、月曜日は当社の朝礼日、営業担当から市内の見本市と関東での見本市の概要報告が行われた。

どちらの開催にも着く言葉「今年の降雪」に客足及び、会場設営もままならぬ報告、業績は乏しい内容・・・。

関西の新年会と、関西地域での年始あいさつには充実感が発表された。

新しい取引先・新しい商品・斬新な販売戦略等々、まだまだ視点を変えての戦略が考えられる。

古い戦略も、相手が若ければ、受け止め方により、斬新な戦略かも?

行動有り、結果が生まれる。


[PR]

# by ishizaki-kenzan | 2018-01-31 10:56
2018年 01月 26日
招かざる客

24日・25日・26日と寒波の影響で自宅の水道が凍結。

辛うじて、風呂場と脱衣所の水道は水が出た。

朝食の茶碗・皿は自分で洗う生活が板に着いているが、娘からの声に「水が出ないから後で洗うから」の言葉に乗って、皿・鉢は流しに出したが・・・

社内でも女子社員も同じ言葉が飛び交っている。

幸いにして、会社の水回り現在凍結箇所は無いようだ。

荷造りする時、箱の空白を埋めるに、ダンボールの切端を頂いて、棚下に寝かして保管していたが、底面が見え始めたら、ネズミの糞が見当たり、ダンボールも

齧られていた。

昔の様な大きなネズミは見当たらず、昨今は小型のネズミが時折社内の隅で見かける事もあったが・・・そこで昨日、ゴリブリホイホイを仕掛けて置いた。

「此の寒さに寒かろうに」と変な同情が走るが、歓迎出来ない物は捉えるしかない。

何時の日に御用になることか?


[PR]

# by ishizaki-kenzan | 2018-01-26 15:24
2018年 01月 24日
東京の雪・越後の雪

数年ぶりの寒波に見舞われた日本列島、東京の降雪状況がテレビニュースの頭に報じられている。

雪国から見れば、たかが10センチ程度と少々見下げた感で画面を見ていたが

私にも東京に弟が在住している。

お見舞い方々電話を入れた。

「テレビで報じられているが、自分の地域(目黒区)はどうか?」と言えば

「東京人は雪の支度が無いから・・・自分は雪国育ち、心配するなよ」の返事。

当社も23日・24日と横浜で見本市に出展、営業担当の栗山も「雪で交通関連がどうなるか?」の心配しながらの出張・・・

当地も23日から強烈な風と霰の荒れ模様で、スパークメッセ反省会の足元が気になるところ。

反省会は時間通りに進められる。

事務局から一連の報告を聞く。項目の頭・尻尾に「降雪のため」が付きまとう。

来客数・成約高・初めての企画「商品セミナー開催」も思うに任せずの開催反省。

久振りの席、此処も見渡せば若返りが見受けられる。

話が進むにつれて、「数年前はどうでしたか?」の問いに「○○はこの様な考えから、××はこんな風に考え」と一昔の話題に花が咲く。

今後は「三条市の力を借り小規模事業所育成に目を向けて頂くように要望しょうよ」と結ぶ私。


[PR]

# by ishizaki-kenzan | 2018-01-24 10:12